股関節を柔らかくするメリット

股関節とは

股関節は骨盤と大腿骨の接合部です。



股関節は、上半身と下半身を連動させる重要な関節です。
歩行、スポーツのパフォーマンス、動きのしなやかさに大きく影響します。

股関節の硬さは骨盤を締め付け、全身の不調につながりやすいです。

また、デスクワーク時の骨盤の前傾、後傾は、背骨の湾曲に影響します。上半身の姿勢、肩こり、腰痛、ストレートネックなどにも関わっています。

 

 股関節を柔らかくするメリット

姿勢が良くなる

股関節がしなやかに動き安定すると、骨盤が重力に対して正しい位置を取りやすくなります。
骨盤から上に伸びる背骨も正しい位置を取り、姿勢が良くなります。

 

O脚、X脚の改善

O脚、X脚の原因は、ヒザに起因するものよりも、骨盤の歪み、仙骨と腰椎の位置関係、股関節のアライメントに起因することが多いです。
特に人の体には微妙な捻れ(回旋)があることも多く、股関節の内旋、外旋はヒザの捻れにも大きく関わります。

 

下半身の筋肉が働きやすくなる

股関節に制限があると足に力が伝わらず、運動しても筋力が向上しにくいです。使われる筋肉、使われない筋肉の差が出てきて、筋肉のバランスに偏りが出ます。
内外旋はそれらを修正して、下半身の筋肉がバランスよく働きやすくなります。

 

腰痛、膝痛、肩こりが良くなる可能性

身体の位置関係を正しく保つことで、痛みやコリを柔らげてくれます。
整形外科で診てもらったけど、痛みの原因がはっきりしないのであれば、物理的な歪みや関節の質に原因がある可能性が高いです。

 

 代謝が上がる効果

外旋六筋が働くようになると、深部のインナーマッスルが連動して働くようになります。
インナーマッスルは脂肪をエネルギーにするので痩せやすくなります。
また、股関節の回旋運動がスムーズになると、歩いているだけでも全身が連動してウェストの回旋運動、股関節の伸展運動も自動的に出てきます。
代謝が向上し、ウェストのくびれ、ヒップアップも期待できます。

 

 骨盤の歪みを整える効果

股関節のインナーマッスル「外旋六筋」は坐骨や仙骨に付く筋肉です。

短縮、拘縮することで骨盤が圧迫されます。特に仙腸関節の微妙な歪みは全身の歪みへ波及します。
外旋六筋が自由に伸びて、筋肉が強化されると、骨盤の歪み解消にもつながります。

 

外旋六筋について詳しくはコチラ→ 【股関節のインナーマッスル】外旋六筋

 

 

股関節の柔らかさをつくる

● 股関節の運動は安定から始める

股関節は重要な関節ですが、実はトレーニングしにくい部分です。

股関節には「屈曲ー伸展」「外転ー内転」「外旋ー内旋」、3軸の運動方向があり、それらを組み合わせた動きはちょっと複雑。人によって苦手な(動かしにくい)方向もあります。

 

 

その中でも今回は、内旋の柔らかさを考えたいと思います。

日常生活では動かすことが少ない運動方向です。屈曲、伸展、外転、内転よりも動きは小さいですが、
内旋の柔らかさはとても大切です。
「股関節がどうしても柔らかくならない人」は、最初の一歩としてぜひ実践してほしいです。

スポーツをする人にとっては、パフォーマンスを向上させるためにも役立つ運動です。

 

 

● なぜはじめに内旋を柔らかくすることをお勧めするのか

理由は2つあります。

1)スムーズな股関節の運動をサポート

股関節内旋を制限する外旋六筋は、文字の通り股関節を外旋させる筋肉です。
そしてもう一つ非常に重要な役割を果たしています。
それは「股関節を安定させる」ということ。

どんなふうに動かしても、関節が安定するように骨頭を引き寄せてくれる筋肉です。
「姿勢を支える役割」もあります。

外旋六筋の役割は、骨頭を外旋させるだけではなく、骨頭を引き寄せて安定させます。

 

骨頭が正しい位置で回転することで、筋肉は安心して伸びたり収縮したりできるので、筋肉の緊張は緩みやすくなり、ストレッチの効果が向上します。
そして、関節の安定は故障の予防にもなります。

 

 

2)深部にある筋肉は「拘縮」「短縮」する

股関節の筋肉で一番深部にあるのは、外旋六筋という小さな筋肉たちです。硬くなりやすく、硬くなると内旋運動に制限が出ます股関節の中心に一番近い筋肉なので、股関節全体の硬さの原因にもなってしまいます。

表層の大殿筋などは「弱化」「萎縮」しやすいことに対して、深部の筋肉は「短縮する」「硬くなる」傾向があります
もしそうなっているとしたら、前屈や他のストレッチの効果や、表面にあるお尻や足の筋肉を鍛えても効果が出にくいのです。
また、日常では疲れやすさ、腰痛、肩こり、猫背などになりやすく、スポーツでは足腰が安定せずバランスを崩しやすくなります。

 

 

「ストレッチをしているのに体が柔らかくならない」
「スクワットをしても下半身の筋力がつきにくい」
「ダイエットしても痩せにくい」

このような場合は、外旋六筋がうまく働いていないことが原因かもしれません。

まずはここから初めてみましょう。

 

股関節内旋について詳しく書いた記事

股関節を柔らかくする方法【どうしても成果が出ない人は股関節内旋から始める】