プロフィール

こんにちは。

このブログは『体がすごく硬い人』『体に悩みがあって取り組んでいる人』をサポートするためのブログです。

どうして体を柔らかくすることが可能なのか、自分でコントロールすることが可能なのか?
みんなが持っている本来の健全さを中心に、インナーマッスルと筋膜の知識を使って、体を自由自在にコントロールする方法について紹介していこうと思います。

こんなことでお悩みの方はいませんか?
・運動はしているのに体の調子が良くならない
・ストレッチをしていても体が柔らかくならない
・怪我の後どうも体の調子が良くない
・ヨガをしているけど逆に体を痛めてしまった
・自分の体のことを知らずに、いいと言われたことをとりあえずやっている
・ストレスが多くて心も体も固くなっている

 

その解決にこんなふうに取り組んでいませんか?
・とにかくヨガやウォーキングなどをしている
・ストレッチを自己流でしている
・ハードな筋トレ、ストレッチをしている(またはハードにやる方が良いと思っている)
・いろいろなヨガ教室や施術家のところへ行って問題を解決してもらおうとしている

自分のからだは自分でコントロールして好きに作っていけばいいです。
ヨガに行くにしても、施術を受けるにしても、体は自分の持ち物なので、まずは『わたしってどんなふうになっているの?』を知ることはとても役立ちます。自分にあったヨガのやり方、施術がわかるようにもなります。
このブログでお伝えしたい一番のことは、『自分の体ってどうなっているのか?』です。私たちはただ頑張るトレーニングだけではなくて、より安らぐ、安心する、安定することも大切です。自分を癒すことの大切さと必要性を解剖学を通して伝えていければと思います。
ただ頑張る方向だけにとにかく進もうとしていると、疲弊、疲労、怪我など自分を酷使することになっているかもしれません。体も無理を敷いていると壊しやすくなります。

僕はリハビリのお仕事を16年ほどしていて、沢山の病気の方に関わってきました。「自分はこんなことをしてきて体を壊してしまったから多くの人にそうならないように伝えてほしい」と言ってくれた方もいます。
その中でもいろいろな人がいて、病気を回復へ向かわせていける人、自分の扱い方を知らずにさらに怪我や病気に進んでいくような人などたくさん見てきました。
気づいたことは、多くの人は自分の体について知らないので、間違ったことをしているかもしれないのに気がついていないということです。そして、自分を健全に保つ方法を知らないということです。せっかく持っている能力を活かせていません。
僕自身も、ヘルニアや体調不良をして、今回は骨折をしました。でも、ヘルニアは克服し、今回骨折したときには体のことを学んでいたこともあり、ほとんど後遺症もなく回復させることができました。(骨折前よりも今は快適な状態を作れました)

今回このブログを通して、どんな状態にあっても自分をどんどんより良くしていけることを伝えるブログにしたいと思います。
今よりも快適な自分に出会ってみたくはないですか?

【人には健全さが備わっている】それはケガをしていても、病気をしていても、元気な人にも共通して備わっているものです。人の体や、もっと大きなつながりに気づいていくと、自分が素晴らしい存在ということに気づかされます。何かを付け足すのではなく今あるものに気づくだけでも人ってどんどん変化します。健全なプロセスはみんなが持っている資産です。

このブログで学ぶことで手に入れてほしいことは
・怪我や病気をしない人生
・仮に怪我や病気をしても回復へ向かう手立てを自分で持てること
・今よりももっと快適な体、気持ちの軽さを作っていけること

健全な状態を保つことは、自分の人生に関わる大きな出来事だと思います。そしてそれは自分だけでなく、家族や周りの人の安心や将来の安定のためにもなることだと思います。病気をしてから時間やお金を使うよりも、どんどんより良くなることに時間とお金を投資してほしいし、その価値はお金に換算できません。そして知っていればほとんどお金をかけずに快適さを保てます。
大きなつながりの中では、医療費の削減や介護負担の軽減などにもつながるし、みんなが健康でいることで、本当に必要な人へ医療資源を有効に使えるようにもなるはずです。

このブログでは主に、インナーマッスルのコントロール方法と筋膜についてお伝えします。
今まで聞いたことがないような、価値観もひっくり返ってしまうようなこともあるかもしれないですが、自分で快適な体を手に入れることは難しいことではありません。誰でもできます。寝ながらでもできます。
上手くいく人と行かない人の違いは、「力があるかないか」「柔軟性があるかないか」ではなく、『知っているか知らないか』『自分の体をコントロールできているかできていないか』だけです。

ぜひこのブログを通して、『わたしってどうなっているの?』を知って、より快適な自分と出会ってみてください。

 

 

 

主な資格

・ICSBプラクティショナー (ICSB : International Institute Craniosacral Balancing®️)
・BCST(バイオダイナミック クラニオセイクラル セラピスト)

・作業療法士→自然療法が好き
・SJF応用コース終了
・インド中央政府公認ヨーガ講師
・ヨガインストラクター、ヨガ解剖学講師
・AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー

 

いろいろ学んでいましたが、クラニオセイクラル バイオダイナミクスという施術に出会い、大変感動しました。

 

僕の経験を簡単に

僕はもともと体が硬くて、前屈はヒザまで手が届くような硬さでした。
高校生の時にヘルニアになり、さらに
右手の靭帯を損傷して手術をしました。

社会人になってからは、右足の骨棘を除去する手術。
左足の脛骨腓骨骨折。

両足を手術しています。

両足を手術した僕ですが、今現在は、ヨガや山登り、スノーボードを楽しんでいます。
だいぶ回復して手術前よりも調子がいいくらいです。

 

僕は体を動かすのが好きですが、ケガで思うように動けなくなったときは歯がゆさを感じながら過ごしていました。
3回の手術の後遺症と、すごく体が硬いのを打破するためには、人よりも知識とコツがいりました。(ただやっているだけじゃ無理だった)

体をメンテナンスする大切さを実感しています。

仕事がら勉強していたので自分で自分の心身を整えようと思ったときに、経験と知識はすごく役に立ちました。多くの人が知らないために困っていたり病気をしてしまうことを見てきました。

ときどき思いますが、もしも昔から体のことを知っていたら、ヘルニアにならなかったのではないか?
骨棘の手術はしなくても治せたかもしれない?
(今はヘルニア治りました)

なので、多くの方に自分でケアできることを伝えたいと思うようになりました。

 

リハビリの仕事をしていてもそうなのですが、
自分できちんと実践される方はどんどん良くなっていきます。
(90歳をすぎても良くなるものは良くなります。猫背や変形も、ある程度良くなります。逆に筋トレやストレッチだけで体を整えようとすることには限界があります。思い込みが強すぎる人は、健康を保つことは難しいときもあります)

 

そんな中の気づきのひとつに

「身体は自分でコントロールできる」
「自然に整おうといつも作業してくれている」

ということです。
身体にはとても素晴らしい機能が備わっています。

 

ブログを始めた理由

体のことで困っている、自分ではどうしようもできないと思っている方に向けて、自分で自分の体を整えていく方法を伝えるブログを作りたいと思うようになりました。

「体が硬くて腰が痛い」
「運動しているけど、もっとパフォーマンスを上げたい」
「骨折をした!早く良くなりたい」

そう感じている方は、もしかしたら沢山いるのかもしれません。

 

僕が見てきたことは
・病気になってからの人の生活
・ヨガで体を痛めてしまう人
・自分自身の体の硬さと骨折や手術の経験

 

これまでの経験、施術や解剖学で学んだことを元に書いていきたいと思います。

健康でいることはecologyです。
ケガは仕方ないかもしれませんが、病気はあるていど未然に防ぐことができます。
できれば病気になってからではなくて、病気の種から解消していきましょう。

いつまでも健康に楽しく過ごせるように。
体が硬くて何をしても全然効果がないという方に。
ケガをされた多くの方がきちんと復帰して、自分の体で悩むことがなくなり、どんどん自分を良くしていけるように。

そんな願いを込めて、微力ながら書いていきたいと思います。

”自分の体は変えていける”   それは ”楽しいこと”

そう思っていただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

(ブログのタイトルの「やまはた」ってなに?とよく聞かれます。
山登りをしているので山とハタヨーガをかけ合わせて「やまはたブログ」というタイトルにしたのですが、ブログを始めるタイミングが骨折した時なので、骨折の記事から始まることになってしまいました。ケガには気をつけましょう。)