プロフィール

こんにちは。たけと申します。

かれこれ15年以上作業療法士としてリハビリの仕事をしています。

その間にヨガと出会い、いくつかのボディーワークを学びました。
ヨガインストラクター、解剖学の講師もしています。

作業療法士→自然療法が好き
SJF応用コース終了
インド中央政府公認ヨーガ講師
ヨガインストラクター
AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー

振り返るといろいろ学んでいました。

現在(2020年5月)はクラニオセイクラル バイオダイナミクスという施術を勉強中。
ようやく探していた施術にたどり着いた感じです。

 

僕の経験

僕はもともと体が硬くて、前屈はヒザまで手が届くような硬さでした。
高校生の時にヘルニアになり、さらに
右手の靭帯を損傷して手術をしました。

社会人になってからは、
右足の骨棘を除去する手術
左足の脛骨腓骨骨折

両足を手術しています。

今現在は、ヨガや瞑想、山登りやスノーボードを楽しんでいます。
両足を手術した僕ですが、だいぶ回復して手術前よりも調子がいいくらいです。

 

僕は体を動かすのが好きなのですが、元々すごく体が硬い。さらにケガで思うように動けなくなったときは、歯がゆさを感じながら過ごしていました。
3回の手術の後遺症と、すごく体が硬いのを打破するためには、人よりも知識とコツがいりました。(ただやっているだけじゃ無理だった)

不自由さを経験していることもあり、体をメンテナンスする大切さを実感しています。

仕事がら勉強していたので、自分で自分の心身を整えようと思ったときにそれがすごく役に立ちました。
そして、多くの人が知らないために困っていたり病気をしてしまうことを見てきました。

リハビリの仕事をしていてもそうなのですが、
自分できちんと実践される方はどんどん良くなっていきます。
(90歳をすぎても良くなるものは良くなります。猫背や変形も、ある程度良くなります。逆に筋トレやストレッチだけで体を整えようとすることには限界があります。思い込みが強すぎる人は、健康を保つことは難しいときもあります)

 

ときどき思いますが、もしも昔から体のことを知っていたら、ヘルニアにならなかったのではないか?
骨棘の手術はしなくても治せたかもしれない?
(今はヘルニア治りました)

なので、多くの方に自分でケアできることを伝えたいと思うようになりました。

そんな中、たくさんのことに気づいたのですが、その1つは

「身体は自分で コントロールできる」
「自然に整おうといつも作業してくれている」

ということです。
身体にはとても素晴らしい機能が備わっています。
ただそれを知らないだけ。

 

ブログを始めた理由

体を整えたい方へ、その方法を伝えたい。

「体が硬くて腰が痛い」
「運動しているけど、もっとパフォーマンスを上げたい」
「骨折をした!早く良くなりたい」

そう感じている方は、もしかしたら沢山いるのかもしれません。

僕が見てきたこと
○病気になってからの人の生活
○ヨガで体を痛めてしまう人
○自分自身の体の硬さと骨折や手術の経験

体のことで困っている、自分ではどうしようもできないと思っている方に向けて、自分で自分の体を整えていく方法を伝えるブログを作りたいと思うようになりました。

ヨガを通しての経験、骨折、リハビリの仕事で出会ったご高齢の方(人生の先輩たち)から得たこと、
施術や解剖学で学んだことを元に書いていきたいと思います。

いつまでも健康に楽しく過ごせるように。
体が硬くて何をしても全然効果がないという方に。
ケガをされた多くの方が、きちんと復帰して、自分の体で悩むことがなくなり、どんどん自分を良くしていけるように。
微力ながら書いていきたいと思います。

健康でいることはecologyです。
ケガは仕方ないかもしれませんが、病気はあるていど未然に防ぐことができます。
できれば病気になってからではなくて、病気の種から解消していきましょう。

”自分の体は変えていける”   それは ”楽しいこと”

そう思っていただけたら嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

(ブログのタイトルの「やまはた」ってなに?とよく聞かれます。山登りをしているので、山とハタヨーガをかけ合わせて「やまはたブログ」というタイトルにしたのですが、ブログを始めるタイミングが骨折した時なので、骨折の記事から始まることになってしまったんです。ケガには気をつけましょう。)