「股関節を柔らかくする方法」の記事更新しました。イラスト付きで解説してみました

そもそもインナーマッスルってどんな役割?

インナーマッスルとは

内側にある筋肉  =「インナーマッスル」または「深層筋」と呼ばれています。

どの筋肉がインナーマッスルです、とは明確に決まっていません。

インナーマッスルは骨に近い部分、身体の中心に近い部分にある筋肉です。

インナーマッスルの恩恵

インナーマッスルとアウターマッスル、その役割や特徴、筋肉の質も違います。

年齢を重ねるごとにその差は大きく開いていくことが多いです。

アウターマッスルは主に活動するためのパワーです。
必要な時には大きな力を発揮し、運動することができます。
表面の筋肉がしっかり付いて「モコっ」としている、あれはアウターマッスルです。

インナーマッスルはそれを影で支えるような役割
関節を正しい位置に固定しながら運動ができ、無意識にバランスを調整しサポートします。

インナーマッスルの働きが良くなると、リラックスしながら運動できるので、腰痛や肩こり、ケガなども防いでくれます。

健康面でもインナーマッスルの働きは重要です。

内臓を正しい位置に保ち、代謝や循環もサポートします。
内側のしなやかさは、ストレスに対する耐久性や気楽さにもつながります。

 

インナーマッスルを鍛えるべき人とは

インナーマッスルは「すべての人がトレーニングするべき!」と言っていいくらい、メリットがあります。

一例ですが、どのような人がトレーニングをすることに当てはまるのか挙げてみます。

  • スタイルを良くしたい
  • 姿勢を良くしたい
  • 怪我の予防
  • 運動のパフォーマンスを上げたい
  • 疲れやすい
  • 冷え性
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 元気が出ない
  • いつもイライラしがち
  • デスクワークが多い

など。

普段スポーツをしない人でも、インナーマッスルを鍛えることのメリットは沢山あります。

 

インナーマッスルを鍛えるメリット

具体的にどんなメリットがあるのか。

身体機能の向上

スポーツや運動するときは大きな筋肉が働き、最大限のパフォーマンスが発揮されます。

でも、行うスポーツによって選手の体型って違いますよね。
アウターマッスルは、スポーツの種類によって使われ方が変わってきます。

インナーマッスルは、運動をするためのベースになる筋肉です。
どんな運動にも共通します。

骨格を支えて安定させ、日常生活では余分な力が抜けてリラックスできます。

パフォーマンスの時には、動き始めに関節を必要な分だけ固定(安定)させます。アウターマッスルが働きやすい環境を整えます。

また、インナーマッスルのしなやかさは、足先から手の指先まで運動の連動を効率良く伝えることにも貢献します。

 

姿勢改善

何もしていない時にも姿勢を常に支えているのはインナーマッスルです。

骨格を正しい位置に収めてくれます。
正しい姿勢が取れると、体の軸を安定させ、必要最小限のエネルギーで行動できるようになります

 

スタイルが良くなる

関節を正しい位置に調整し、姿勢を良くするインナーマッスル。
スタイルの良さにもつながります。

骨格の位置が正しい位置に整うと、内臓の位置も正しく保たれます。

内臓が下がってぽっこりお腹、猫背などは、インナーマッスルを鍛えることで、位置関係のバランスが整い、スタイルのいい体になります。

エネルギーの代謝も促されるので、余分な脂肪もつきにくくなります。

 

基礎代謝向上

内臓の位置が整うと、内臓の活動は正常化されやすくなり、基礎代謝が向上します。

さらに、インナーマッスルは背骨の近くに多くて、背骨をしなやかに調整します。神経の働きも整えてくれるというおまけ付き。背骨の動きが健康に及ぼす効果は非常に大きいです。

また、インナーマッスルはいつも姿勢を支えてるので、硬くなりやすい特徴もあります。

筋肉の中には末梢の血管が入り込んでいるので、筋肉の硬さは、血流や循環の悪さにつながります。

筋肉をしなやかに鍛えることで、循環機能の向上も期待できます。

 

疲れにくくなる

インナーマッスルが機能してない場合、それを補うためにアウターマッスルが活動しなくてはいけません。

アウターマッスルは瞬発的な強い運動をするので、糖質をエネルギーにして消耗も早いです。

日常生活くらいでは、耐久性のあるインナーマッスルが活動することが大事です。必要最小限のエネルギーで活動できるので、疲れにくくなります。

 

怪我の予防

関節を安定させ、動きをしなやかにしてくれるので怪我の予防にも効果的です。

関節が安定しながら正しい軌道を通ることを助けるため、膝関節症やヘルニアの予防になるし、運動の時は体がクッションのように働くようになります。

 

ストレスに負けない


ストレスがかかると筋肉は緊張します。

その緊張を敏感に感じ取るのは深部の筋肉です。

深部の筋肉 とは インナーマッスルです!!

長く続くストレスは体を硬直させます。インナーマッスルも硬直してしまうんです。

深部の筋肉をしなやかに強く保つことは、ストレスに対して強くなることにもつながります。
身体の安定や楽さは、同時に心の安定や楽さにもなるんです。

スポーツでは本番に最高のパフォーマンスを発揮しやすくなるかもしれません。

ストレスに弱い方は、心をどうにかしようと思考するよりも、インナーマッスルを緩めるアプローチもよいと思います。心と体は繋がっていますから。

 

インナーマッスルとアウターマッスルの特徴

インナーマッスルの特徴

・運動初期から活動する
・低負荷の運動で活動する
・小さい筋肉が多い
・硬くなりやすい
・長時間活動する
・疲労を感じにくい
・ 拘縮と短縮をする傾向

アウターマッスルの特徴

・基本的にはインナーマッスルの活動で十分でない時に活動する
・高い負荷で活動
・大きな筋肉が多い
・筋力低下しやすい
・強い収縮で瞬発的な活動をする筋肉が多い
・疲労しやすい
・弱化と萎縮する傾向

 

まとめ

アウターマッスル活動するためのパワー

インナーマッスルはそれを影で支えるような役割です。

インナーマッスルが硬直しているのであれば、緩めてから鍛える。
次に、活動するためのアウターマッスルを鍛える。

という順番をおすすめします。