【スクワットマジック】筋トレとしての効果を検証してみる 普通のスクワットよりも効果的で良いところとは

スクワットマジックの効果を徹底検証してみる

アメリカでは【キングオブトレーニング】と呼ばれ、エクササイズの王様と表現される『スクワット』

それくらいメジャーで、効果的で、有名なトレーニングです。

でも人によってスクワットはきついと感じるはず。
効果はあるかもしれませんが、体力的に大変で長続きしないかった人もいることでしょう。
(僕は好きじゃありませんでした。飽きるし)

今回は、どんな人でも効果的にスクワットが行えると評判のスクワットマジックを購入して検証してみたので、その結果をご紹介します。

なぜいいと言われているのか?
本当に効果があるのか?
買う価値のあるものなのか?

 

スクワットマジックとは

スクワットマジックとは、座って上下に屈伸するだけで、自然に正しい姿勢でできてしまうエクササイズマシーン。

スクワットのやり方がわからなくても、関節に負担がかからず簡単に効率の良いスクワットができます。

下半身、ウェストを痩せさせたい方に向けて、ダイエットマシンとして紹介されています。

 

 

スクワットマジックの口コミ

膝や股関節が悪くあまり運動ができないため、少しでも運動の助けになれば…と思い購入しました!まだ2日目ですが、膝も股関節も痛くなく運動できて良いカンジです。

こんなのでと思っていたが、スクワットの補助機として
とてもすばらしい。
膝が痛く普通のスクワットがあまりできないが
これがあるとしっかりできる。

膝や腰が痛くて普通のスクワットはできないけど、スクワットマジックなら負担なくできるという意見が多いです。

 

1週間でウエスト2センチ、ヒップ1センチのサイズダウン数回したダケでも割とキツイです(笑

過去に購入したお手軽トレーニング器具の中で1番【飽きない】【正しく使える】【効果が期待できる】お品物だと思います。

スクワットの膝と腰の角度が維持できるので、効きます。

太ももお尻には効いてます。
一回に70回数回毎日してますが、明らかにお尻が小さくなってます。

「効果があります」または「効きそうです」という意見が多かったです。
口コミの年齢は40代から60代の方の声が多いです。

 

使い始めてすぐに骨盤の位置が正しくなったのか、姿勢が良くなりました。そのせいかポッコリお腹がスッキリした感じです。体重の変化はまだですが、期待は大です。

姿勢が良くなったという意見もちらほら。
正しい姿勢で行えるメリットだと思います。

 

まずとても軽いのに驚きました。持ち運びが便利なので、チョットの空いた時間にできます。

ソファーの横に置いてコマーシャルの間スクワットマジック♪
キッチンへ持って行きお湯が沸く間スクワットマジック♪
洗面所へ持って行き歯磨きの間・・・と器具が軽いので持ち運びも楽♪
隙間時間のトレーニングにはこれ以上の器具はないのでは?と感じております。

軽くて場所を取らないという意見が多いです。
気軽に続けられるという意見も多かったです。

楽天の口コミでは2019年4月20日の時点で、評価は4.08!
881件のコメントがありました。
結構多くの方が購入されて使っているようです。

 

スクワットマジックの効果を検証

普通のスクワットと比較しながら、スクワットマジックのメリットを考えてみました。

支持基底面が広くなるメリット

普通のスクワットでは、両足の裏とその間の空間が体を支える「支持基底面」になります。
スクワットマジックは、両足の裏、腰かけたお尻(スクワットマジックの床につく面)とその間の空間すべてが「支持基底面」になります。

普通のスクワットよりも重心を後ろに置いてエクササイズができるということです。

これはスクワットマジックのメリット。
ある程度バランスを取る位置に幅ができるので、正しい位置に重心を起きやすくなります。

前傾姿勢に慣れている人は、重心を後方に置いてエクササイズができます。
効率よく、お尻の筋肉、太もも裏のハムストリングスを使って鍛えることができます。

扁平足など、足のアーチが崩れていても関節に負担がかかりにくい

足のアーチが崩れていると、その上に乗る骨格はすべてバランスを崩すことになります。
日本人の7割くらいの人は足の形になんらかのトラブルがあるとの報告も。

そのままスクワットをしていると、曲がった位置で筋肉がついてしまいます。
そればかりか、骨格が崩れたままスクワットをしていると関節に負担が来てしまいます。

自分の体重を支えるだけ足の筋力がない人はなおさらです。

実は、筋トレがきついのではなくて、スクワットの姿勢が負担になって辛いのかもしれません。

スクワットマジックは腰かけて行うので、お尻の上に乗る背骨や上半身は、足のアーチの影響を受けにくくなります。

そして、お尻に体重を乗せるので、アーチが崩れることによって起こる膝関節の負担を最小限にしてくれます。

姿勢が良くなる

最近はデスクワークが多いので、前傾姿勢になりがちです。
スクワットマジックは普通のスクワットよりも重心が後ろに置けるので、基本姿勢が良い状態でエクササイズができます。

前傾気味の人のスクワットは、脛が前に倒れて膝が大きく曲がり過ぎて、太ももの前側しか筋肉が使われないということになりがち、お尻や太ももの後ろ側は鍛えにくいです。

あれ?筋肉に効いているの?と思う人は、普段前かがみで運動することに慣れている人かも。
重心が少し後ろにあると、そこで使う筋収縮が最初は感じられないかもしれません。
そいうい人こそ効果的です。

足腰全体をバランスよく鍛えることにスクワットマジックは役立ちます。

筋肉が効率よく働く角度でスクワットができる

座面が少し斜めになっているので、骨盤が前傾します。
そのことによって、臀部の筋肉、腸腰筋が効率よく働く角度を作ります。
正しい骨盤の角度は、腰にかかる負担を最小限にしてくれます。

スクワットでは膝が90度くらい曲がった位置に、『スティッキングポイント』という一番筋肉に効く位置があります。
スクワットマジックは、それくらいの角度から下には屈めなくなっていて、何も考えなくても『筋肉の効く位置』でエクササイズができます。

膝が過剰に曲がり過ぎて、関節に負担がかからず、筋肉だけに効く位置で運動できます。

ゴムの反発力を利用できる

『負荷がかかればかかるほど筋力がつく』と思っている人もいますが、それはメリットだけではありません。
構造への負担が大きくなります。
それはゆくゆくヘルニアや膝関節症を引き起こすかもしれません。
(特に運動に慣れていない人は注意です)

スクワットマジックはゴムの反発力を利用して運動します。
屈めば屈むほどゴムの反発力は強く働いて、動きをサポート。

人は屈めば屈むほど、関節の位置が崩れやすくて負担がきます。
スクワットマジックを使えば、下半身に筋力がない人でも安心してエクササイズが可能。

そして実は、低負荷でこそ働く遅筋線維を鍛えておくのは非常に重要。
運動初期に関節を守ったり、円滑でスムーズな運動をするためには低負荷で働く筋肉の線維も十分に鍛えておく必要があります。

スクワットマジックのゴムの反発力は、屈めば屈むほどゴムが伸びて反発力を発揮(関節の負担軽減)
関節に負担がかからない角度では反発力が少なくなるようにできています。

 

 

どの筋肉に効果があるのか検証

どんなエクササイズもそうですが、やり方次第でどこにどれくらい効かせることができるか変わってきます。

スクワットマジックを1ヶ月実践してみて検証してみました。
実際にどこに対して、効果を感じたのか?
そして、その方法とコツをご紹介します。

大腿四頭筋(太もも)への効果

スクワットは膝の曲げ伸ばしを繰り返す運動なので、太ももの筋肉が働きます。特に屈んだ位置をキープする時、その位置から上に伸びる時に、太ももの前側の筋肉が強く働きます。

太ももが引き締まって見えるには、大腿四頭筋の形や見た目の格好よさが大事です。

ハムストリングス(太ももの裏側)への効果

大腿四頭筋の裏側(太ももの後ろ側)の筋肉も膝の曲げ伸ばしで働きます。

普通のスクワットでは前傾姿勢になりがちなのですが、スクワットマジックはお尻側に重心を起きやすいので、このハムストリングスは効率よく鍛えることができます。

スポーツ選手は鍛えたい筋肉です。

殿部筋群(お尻)への効果

スクワットはお尻の筋肉も効率よく働きます。

スクワットマジックの座面の角度は、股関節の角度も良い姿勢でエクササイズできます。

そして、姿勢良く、過剰に負荷がかかりすぎないことは、お尻の奥にある外旋六筋というインナーマッスルまで鍛えることができます。

関節も正しい位置に収まり、姿勢が良くなり、お尻の筋肉もしっかりと使うことができるので、ヒップアップが期待できます。

お腹の筋肉、腸腰筋への効果

腸腰筋は骨盤の安定と、良い姿勢を作る要のようなインナーマッスル。
どんな人でも鍛えておきたい筋肉です。

スクワットマジックは、座面の角度が5度で骨盤の角度を調整します。
正しい姿勢でスクワットをできることは腸腰筋をきちんと使えるということ。

スクワットマジックは腹筋を直接鍛えることトレーニングではありませんが、ドローイング(お腹を引っ込める)をしながら実践すると、腹横筋を鍛えつつ腰が安定して、効率よく腸腰筋を鍛えることができます。

ウェストを作りたい人はお腹を少し凹ませながら実践するとすごく効果的です。これはオススメ!

ヒラメ筋

ヒラメ筋は下腿を支える筋肉です。

スクワットマジックで鍛えたい場合は、つま先立ち(踵を上げた格好)で行います。
単関節筋であるヒラメ筋は膝を曲げた状態で働くふくらはぎの筋肉。

これも過剰に体重をかけ過ぎずにエクササイズできるので、関節の負担を予防し、筋力が弱い人でも実践しやすいです。

ふくらはぎを細くしたい人にもいいですし、足元が安定して歩けるようになる効果があるので、普通のやり方に慣れてきたら次のステップでチャレンジするのもいいです。

脊柱起立筋群など、背骨の筋肉への効果

正しい姿勢になることは、それだけでも姿勢を支える筋肉には効果的です。
特に、骨盤の角度が正しい位置でスクワットできるので、脊柱起立筋や背骨を支える筋肉を、最適な位置で適度にトレーニングすることができます。

背骨に意識を向けてスクワットすることもオススメです。

腰痛や肩こりの軽減になる

腸腰筋を鍛えやすくて、姿勢が安定します。
そして下半身を鍛えることができると、上半身はリラックスしやすくなります。

結果的に、腰痛が軽減し、肩こりになるような上半身の緊張も少なくなるかも。
効果を期待できます。

 

 

スクワットマジックのいいところを検証

軽い、スペースをとらない

見た目は少しチープ、安っぽいです。
でもそれをよく捉えると重さ約2.4kgと非常に軽くて、移動が楽。

結構移動頻度は多いので、軽いのっていいなーとだんだん思えてきます。
持ち運びのストレスがありません。

そして幅です。
幅約27cm、奥行きも27cm。スペースを取りません。
それほど邪魔にならないので、お部屋に置くのも大丈夫です。

自宅に置くエクササイズマシンとしては、とても大きなメリット。

気軽にできる

出して座って、勝手にいい位置でエクササイズできるので、すごく気楽です。
あまり意気込んで実践するような感じではありません。

エクササイズなので、自分で実践する必要はありますが、辛くもないし、すごく気軽にできるのがいいところです。

「思いついた時にやる」が可能になります。
『訓練』という感じでなくても、エクササイズできる。

 

スクワットマジックの効果【検証結果】

スクワットマジックは関節に負担がかからず、効率よく足腰の筋力をつけるために効果的なマシンでした。

普通のスクワットと比較して
①正しい姿勢でトレーニングできる
②関節に負担がかかりにくい
③自分に適した高さ、負荷が調整できる
④遅筋線維やインナーマッスルを鍛えやすい

というのがメリットです。

筋力が低下している人、運動習慣が少ない人などがスクワットを始める時にとても適しています。

スポーツをする人のトレーニングでも、使い方によっては普通のスクワットにはない効果が期待できます。
普通のスクワットとは、質の違うトレーニングというふうに考えることもできます。
いろいろなバリエーションでトレーニングできるので、自分なりのトレーニングを見つけられると思います。

重りを持ったスクワット →  瞬発力を鍛える、速筋線維を鍛える

普通のスクワット →  中間くらい

スクワットマジック →   正しい関節の軌道を身体に覚えさせる、遅筋線維を鍛える、身体の支持性を鍛える

と考えることもできます。

エクササイズマシンとしては、場所も取らないし、軽いので、持ち運びが楽で気軽に取り組むことができます。

ぜひチャレンジしてみてください。