トレー二ングの基礎・筋トレのクオリティーを高める方法

筋トレのクオリティーを高めよう

「いくら筋トレをしても思うような効果が出ない」
「かたよって筋肉がついているような気がする」

そう感じている方は意外と多いようです。

今回は筋トレのクオリティーを高める方法(ちょっとしたコツ)をご紹介します。

できるだけ効果的に実践したいですよね。

筋トレをするときに順番を間違えている方が多いです。

これから紹介するポイントを意識してみてください。
今まで実践していた筋トレと、全く違う感覚を得られる方もいるはずです。

 

トレーニングで意識するポイント

早速ですが、そのポイントは意識を向ける順番です。

多くの方は
「関節の動き」→「 結果として筋力がつく」

こう考えている方が多いです。

 

正しくは
「筋肉の収縮を感じる」→「結果として関節が動く」

です。このように意識を変えてみてください。

聞いたら当たり前と思うようなことですが、これが筋トレの効果を変えます。

 

例えば、体のどこかを動かす時に働く筋肉が3つあったとします。

1つだけの筋肉が働いて、他の2つの筋肉が働いていないとしても、運動は起こります。

もしかすると、働く1つだけの筋肉がどんどん強くなって、他の2つの筋肉は十分に働かないまま。ということもあり得ます。(少し大げさすぎますが…)

関節を動かすことだけにフォーカスしていると、こういうことはけっこう起こっています。

 

意識を向けるのは【筋肉の収縮  → ギュッと力が入る感覚】です。

「重りが持ち上がる前に、ギュッと筋肉が収縮しているなー」など、意識してほしいのです。
「関節が動いた」という結果ではなく、「筋肉の収縮に意識を向ける」ことです。

筋肉が収縮した結果、運動が起こっているからです。

 

トレーニングには「意識性の原理」がある

 

この原則は一言でいうと「トレーニングをするときに意識の持ち方によって効果が変わる」ことです。

インナーマッスルなどの小さい筋肉であれば、運動が起こらなくても、ギュッという筋肉の収縮だけで効果的な場合もあります。

特にトレーニングの最初や、新しい運動を取り入れる時にはこのように意識することで、体に無理がかかりすぎることなく、自分に適切な負荷から運動を始めやすいメリットもあります。

たったこれだけです。

 

たったこれだけなのですが、いざ実践してみると難しく感じるかもしれません。

特に小さくて働いていない筋肉(深層で硬くなってしまった筋肉)をトレーニングしたい時は、このギュッとする感覚を最初全然感じないかもしれません。(でもすごく大事です)

根気よく丁寧に楽しみながら実践してみてください。