インナーマッスルの役割

「インナーマッスルって、そもそもどんな役割があるの?」
「インナーマッスルってそもそも何?」

疑問に思ったことはありますか?

 

身体の中心(骨に近い部分)にあるインナーマッスル。

体の奥にあって表面からは、わからない筋肉ですが、影で重要な役割をしているんです。

体を痛めずに運動したい
体を健全に保ちたい方は

インナーマッスルの役割を知っておくとよいでしょう。

インナーマッスルの役割

インナーマッスルの役割は簡単に分けると3つあります。

関節を安定させる

インナーマッスルは関節を安定させるために重要な役目をしています。

関節の近くにあるので、大きな力を発揮することには向いていません。(大きく体を動かすなど)

インナーマッスルは骨を回転させる方向よりも、関節を中心に押さえる力が働きやすいです。そのため、関節の安定に働きます。

例えば、股関節のインナーマッスル、外旋六筋(がいせんろっきん)。

色が付いているのが、股関節のインナーマッスル外旋六筋です。
お尻の方にインナーマッスルがあります。

 

インナーマッスルは骨を回転させるだけではなく、
(下図でいうと、骨頭を外旋させるだけではなく)

骨頭を中心に引き寄せて「安定」させます。

例えばインナーマッスルが柔らかすぎてルーズだとグラグラして
股関節が安定しない、ということが起こってしまいます。

 

また、体は関節包(関節を包んでる膜)や靭帯、インナーマッスルと連続性を持っている筋肉が多いです。

運動のときに、関節包や靭帯が挟まってしまうことを防止する役目もあります。

筋肉の張力と共に、関節包・靭帯を緊張させて、関節を安定させる役割も考えられています。

 

運動を微調整

インナーマッスルは、作用とは逆方向の運動の時にも働いていることがあります。
本来の作用とは違う方向にも活動して、運動を制御しています。

関節の安定と共に、運動を細かく微調整しています。

 

感覚のセンサー機能

筋肉の大きさは、アウターマッスルよりも、インナーマッスルの方が小さい傾向にあります。

ですが、筋紡錘(きんぼうすい)という筋肉の長さを感知するセンサーの密度が、インナーマッスルは高い傾向にあります。

筋紡錘は筋肉の繊維にグルグル巻かれています。

運動によってインナーマッスルが伸張されると、筋肉の長さの変化をセンサーが感知。
その情報をもとに、関節運動の制御や、バランスの調整をしていることが考えられます。

こんな機能が備わってるなんてすごいですよね。

 

 

まとめ

インナーマッスルをトレーニングする習慣がない方がとても多いように感じますが、すごく大事な筋肉なんです。

関節を正しい位置に固定(安定)させて運動ができ、
バランスを調整。影でサポートしています。

体を健全に保つには、インナーマッスルの働きはとても重要です。

インナーマッスルトレーニングはどんな人にとっても大事なトレーニングです。