骨折体験談14・骨折から87日〜インソールを試す

脛骨腓骨 骨折から87日経過

片松葉で歩けるようになってから、片手がフリーなので、腕を振って歩くのが楽しいです!
そして、ふくらはぎの筋肉が太くなったのと同時に、足が冷えなくなりました。
筋肉の働きってすごい。
循環の役割を果たしてくれているんだなーと実感できました。


階段が右足、左足交互に一段ずつ昇れるようになりました。

でも、まだ骨折した左足の足首が硬くて、右足から段差を降りることはできません。
左足の支えは芯が固くて、表面がフニャフニャしてる感覚で、支えることが難しいです。
左足から先に降りて一段ずつ。

 

全荷重が始まってからの歩行訓練でインソールを試す

骨折から88日目(12月27日)

今日は朝1時間ほどヨガのアーサナ、呼吸法をしました。

日中はダイエットと訓練のため、外出して歩く練習。

今日は足腰を鍛えることに効果があるのかを試してみようと思って、
「機能性タイツ」と、「インソール入りの登山靴」で歩いてみました。

試した機能性タイツ

機能性タイツ:CW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル

履くときがキツいです。
サポート部分ををちょうどいい位置に合わせながらなので少し面倒。

しかしながら、関節がぐらつかずに、がっしりと支えられている感じがします

 

試したインソールと登山靴

インソール:スーパーフィート
登山靴:キーンのミドルカット

登山の時に履いていた靴です。

登山のときには調子が良かったのですが、日常で履いてみると重たくて、底が固くて、平地で歩きやすいものではありませんでした。

ミドルカットの靴は、靴のヘリに内くるぶしが当たります、骨折部に入れいているプレートが当たっているように感じて気になります。
これはダメ!

1時間くらい歩いたら気にならなくなったけど、なんかしっくりきませんでした。

家に帰ってから、靴を脱ぐと足首の前側に痛みを感じました。
疲労かな?

インソールは足の形ができて、安定しているような感じはしました。

 

骨折から89日目(12月28日)

昨日の歩行訓練で両足のふくらはぎが筋肉痛になっています。

『ふくらはぎが筋肉痛になるということは、歩くときに足首がうまく使えている』とリハビリの先生に言われました。

インソールの効果があったのかな?
いつもの歩き方とは違う筋肉が働いたようです!
そう考えると筋肉痛は嬉しい!

試したインソールと靴

昨日に続いて今日は違うインソールと靴で実験。

インソール:バネインソール
靴:キーンのローカットの靴

登山靴と違って、ローカットなので、エバーステップ(サポーター)を付けたままで履くことができました。
 骨折していない方の足は明らかに疲労が少なくて、安定しているのを感じます。

骨折した左足は正直よくわかりませんが、靴の中で足がぶれないので、荷重しやすいです。

インソールに少し慣れてきたのか、それほど疲れたようには感じませんでした。

結果

脛骨腓骨骨折でプレート固定したとしたら、

1.  靴はローカットで傷口にあまり干渉しないようにすること
2.  インソールで足元を安定させるのは効果あり

ローカット靴でバネインソールの方が足に優しい感じがしました。
日常生活で使うならバネインソールの方が使いやすそう。

どちらにしても足の形を整えてくれてサポートしてくれるので、骨折の歩き始めにはインソールは効果的です。積極的に活用していきたいと思います。

 

だらけた生活をしていても足は治るのか?

骨折から97日目(1月5日)

年末はインソールを試して積極的にトレーニング(歩く練習をしました)

でも、年末年始は友人の家で最高にぐーたらさせてもらいました。
ですからまた体重が増えました。

お酒もたくさん飲んでしまって、骨のミネラルが相当奪われてしまったことでしょう。

さて、今日は年明け初のリハビリです。
何もリハビリをしていないので、リハビリの先生に怒られないか心配。

松葉杖を使わずにリハビリ室へ入ったのですが、
「歩きが良くなりましたね」と言われました。

自分の感覚では左右差はまだまだあるし、骨折した左足はまだ支えにくいのですが。

鏡で自分が歩いている姿を見ると、意外にも歩き方が良く見えます。
自分の感覚と客観的な見た目の違いにびっくり。
自然に良くなっています。

経過

◉階段を降りる練習
手すりにつかまれば、右左交互に降りれるようになりました。
なんとなく怖いので、5段くらいでやめます。

◉あぐらをかけません
右足は膝が床に着くのですが、左足は股関節に緊張を感じます。
股関節がうまく開きません。
膝も最終域まで曲げると痛いです。
細かな部分ではまだまだ体の調整が必要なことも実感。

骨折から101日目(1月9日)

1月5日から毎朝1時間半から2時間程度ヨガをしています。

連続したポーズは怖いので、一つ一つのポーズをゆっくりキープして。
やっぱり背骨はしなやかになっています。

『リハビリ』
『ファイバープロテイン』

『インナーマッスルトレーニング』
『寝ている時間が長かったこと』

いろいろなことが良かったようです。


リハビリ
むくみもないし、調子は悪くないとのことです。
足の指の力が若干落ちているとのことで、足の指の筋力訓練をしました。

足は体重を支える部分。
それは足の指も同様です。
いつも足の指を動かす練習はしていましたが、足の指で体重を支える練習は意識してやっていません。

足趾で体を支える練習方法

足の指に力を入れて支えながら、足首だけ曲げて体を前に傾けます。(マイケルジャクソンみたいなやつ)
『6秒キープして休む』を繰り返します。(6秒以上やると筋疲労になるとのこと)
足趾の筋肉はスネの後ろまで長くついているので、スネの安定に繋がります。
この練習はしばらく続けてみることにしました。

 

 

 

仕事を始めた

仕事

年末から少しずつ仕事に復帰しています。
だいたい骨折から3ヶ月目から仕事をスタート。

仕事が終わると足がむくんでいるのが気になります。
時々不意に重いものを持ってしまって、ヒヤッとします。
何かに集中するようなことには注意が必要!

僕の仕事内容は

・車を運転する
・床に座ることもある
・走ることはない
・長く歩き回ることもない
・デスクワークはある

です。

 

仕事はできるか?

104日(1月12日)

仕事に行き始めて2週間くらい経ちました。
仕事をすること自体には特に問題はありません。
肉体労働ではないので。

ただ、なんか少し足の骨折した場所が痛くなっています。不安です。
仕事をすると集中してしまうので、足に意識が行かないから、過剰に負担がかかっていることがあるのかも?
今日はリハビリの日なので理学療法士さんに相談しました。

 

リハビリで相談

Q.  足の骨折した部分が痛いのはなんで?

A.「骨折した骨がずれたりするようなことはありません。プレートの部分がむくんでいるので、毛細血管の血液の流れがまだ良くなくて、それが不快感になっているのではないか」

とのことでした。

言われてからよーく意識してみると、本当にプレートの上がむくんでいます。
中にはプレートの形に沿って、そこだけむくむ人もいるとのことでした。

触ってみると手術した部分の皮膚の滑りはやっぱりまだ不十分。
しばらく自分でマッサージしてなかったことを反省。

骨折の経過から、3ヶ月ではまだ肉体労働のような仕事ができるレベルにはありません。
事務的な仕事がいいし、むくみには注意が必要。時々休んだり、マッサージするのが望ましいです。

仕事が始まるとリハビリに行く時間を作ることも大変だし、ケアがおろそかになってしまいがちです。

 

骨折から90日くらいのリハビリ

階段昇降
手すりを使わなくても、左足からも右足からも降りれるようになっています。(左右差はあり)

 

筋力トレーニング方法 

①  足趾を強くする筋トレ
足の指でグッと踏ん張って支えます。まっすぐに直立して、体を前へ傾けます。
足首よりも上は姿勢を保持したまま、足首だけを曲げる。
6秒キープしてお休みするのを10回繰り返します。
6秒がミソ。7秒以上になってくると筋肉の疲労が始まるそうです。

 

②  股関節を安定させる筋トレ
仰向けで寝て、片足は膝を立てます。
もう一方の足は膝を伸ばしたまま持ち上げて、40度くらい上げたら、外へ30度くらい開きます。

そのままキープするか、小さくてもいいので円を描くようにクルクル回します。5回回したら反対回しを5回。

休んで反対の足を行います。左右3回ずつくらい行います。
結構疲れます。股関節の求心性を高めてくれる運動です。