過去記事を見直し、少しずつの進み方ですが、見やすくなるよう更新中です。骨折関連記事の半分ほど更新済みです

骨折が完治した後も続けるケアの方法【傷跡のケアとサプリメント】

骨折が完治してからもケアを続けよう

僕は2017年に脛骨腓骨を骨折しました。
いまは完治しているので、日常生活、スポーツも特に困ることなくできています。

骨折が完治すると、日常生活に差し支えなく過ごせるかと思います。

そのままでも全く問題なく過ごせるかもしれませんが、より状態を良くしていくため、ケアを続けていくことをお勧めします。

2年後、3年後、もっと年齢を重ねた後のことを考えて。

ただ、リハビリの時の訓練や骨癒合のための積極的な取り組みではなく、気楽に気長にという心持ちで続けていくことが必要です。

これから書く記事は「治す」というよりも、「新しく体を作り直す」という取り組みに近いかもしれません。

 

ケアを続けた方がいい理由

骨折から1年〜1年半も経つと、「骨折が治り一安心。もう万全です!」という方もいると思いますが、「まだ違和感が残っているなー」という方もいるのではないでしょうか?

いずれにしても、1年も経てば骨は癒合しているはずです。(偽関節の場合もありますが)

でも、実はここからも体のケアを続けることは必要です!

大変に感じるかもしれませんが、もうしばらく骨折のケアを続けて欲しいと思います。

できれば体づくりがライフスタイルの一部にできた方がいいですし、怪我や病気をしてから健康への意識が変わる人も多いです。

ケアを続けた方がいい理由は、体のシステムによるものです。

僕の経験と、手術をした後の方を多く観てきた経験から、ほぼ100%の人に当てはまると思うので参考にしてみてください。

 

瘢痕の癒着がある可能性が高いこと

手術をした場合の瘢痕の癒着

手術は大きい傷から小さい傷までありますが、切開をします。(それは仕方ないです)

皮膚や真皮、筋膜は一度開いてしまいます。
その後くっついて傷は閉じるのですが、その時に元の構造には戻りません。

体は手術前と同じように修復して再構築はできないんです。

元々あった、筋膜線維の秩序、柔軟性、可動性は低下してしまいます。
(傷跡が硬かったり、奥がゴリゴリしていたり、厚くなったりしていると思います。)

筋膜は網目状のネットワークで、運動のパターンを記憶したり、運動が連動するための刺激を伝えています。

瘢痕の癒着や、組織の弾力の低下が多かれ少なかれあります。
運動のパターンが変化したり、連動が阻害される可能性が極めて高いんです。

骨折は「治る」ですが、筋膜は「新たに構築する」と思っていいと思います。

ここを怠る人は非常に多いのではないかなと。

硬いままだと2年から3年、あるいはもっと時間をかけて、周りの筋膜組織を引っ張ってしまいます。

周りの筋膜を引っ張って、体の張力バランスを変えてしまうので、それが巡り巡って肩こりや腰痛、次の怪我に繋がることもあるのです。

今後は筋膜組織のケアが一番重要!

気長に時間をかけて、硬くなった組織に弾力を与えていくことが必要です。

これは自分でしないといけないケアです。

 

骨や筋肉を丈夫にしておきたい

大きな衝撃で骨折や怪我をしてしまうこと、それは防ぎきれません。

でも、骨や筋肉が丈夫であれば、骨折まで行かなくてよかった場合もあるかもしれません。

特に年齢を重ねていくと、代謝が落ちて骨や筋肉は弱くなっていくものです。
身体を強く保つことを、だんだん意識的にしていくことが必要になります。

筋肉には、体を動かすため、支えるための役割の他に、クッションのような体を守る役割があります。

怪我や骨折の後は筋力が落ちてしまうのですが、動くパフォーマンスを取り戻すという意味合いだけでなく、体を守るためにも鍛えておきたいところです。

その意味では、強さや柔軟性だけでなく「弾力」「質感」もよく保てたらいいです。

体の硬さを、前屈だけで評価するのではなく、緩んだり硬くなったりきちんとできる、質の良い筋肉で体を守れるように保つこと。

怪我をしにくくなります。

怪我したあとの安静が長ければ長いほど、筋力の低下、かばい癖のようなものが残ってしまうので、きちんと継続してケアをしましょう。

食事の改善と運動習慣が、できればライフスタイルにまで取り入れられると良いですよね。

 

怪我や骨折は身体バランスを崩しやすい

怪我の後は、体のバランスが変化する可能性があります。
変化したまま運動していると次の怪我に繋がることもあります。

バランスが崩れたまま運動することは、長い目で見るとできるだけ避けたい。

怪我の部分も含めて、姿勢の左右のバランスや前後のバランス、全身のバランスを整えるようにしましょう。

『ここは動くけど、ここは動きません』というのでは、動く部分は『過剰』『過用』になって、負担がかかります。

怪我や手術の部分は、『バランスを崩すポイント』になってしまう可能性があるので注意しましょう。

全身がバランスよくしなやかに、連動して動けるようになると、部分にかかる負担が減って、全身が衝撃吸収するようになってくれます。

 

骨折から1年半経過からでも始めたいケアの方法

具体的にどのようにケアする方法があるのか、いくつかご紹介します。

「無理なくできるかも?」「自分にはこれが必要かも?」と思ったら取り入れてみてください。

瘢痕の癒着に対してオイルマッサージ

骨折すると、すぐに手術をする人が多いと思います。
そして、金属で固定すると、抜釘手術もあるでしょう。

傷が安定するまでは、傷跡のテープなどで傷口を安静に保つことが大事です。
でも手術をして半年も過ぎれば、もうさすがに傷口も安定してくると思います。

その後、傷跡を触ってみて、瘢痕に硬さまたは癒着があるようならば、積極的にマッサージすることをオススメします(おそらくあると思います)

何もつけずにそのままマッサージをすることでもいいのですが、オイルをつけて滑りを良くしてマッサージすることが、よりオススメです。

オイル自体でも組織に潤いを与えて弾力が得られやすくなることもあるし、マッサージしやすいです!

オススメのオイルはアルガンオイルです。
オリーブエクストラバージンホホバオイルもいいと思います。

 

食事で補えないときはサプリメントを

身体を構成するための材料となるのは「タンパク質」

日本の現代の食事は「糖質」と「脂質」が多いと言われています。
食事は見直す必要があるかもしれません。

もしも、食事でタンパク質を摂ることが難しいようであれば、サプリメントも検討してみましょう。

今は種類がたくさんあります。

・ファイバープロテイン【スポコラ】

骨折後、骨の回復を促進する目的であれば、ファイバープロテイン【スポコラ】がオススメ!

スポコラをオススメする人
・骨折で骨の癒合を促進したい
・体が硬いので柔軟いなりたい

僕自身は、スポコラのおかげで骨折の骨癒合は順調に進みました。
思わぬ変化として、身体に柔軟性が出てきて、プロテインの効果を実感。

・ソイプロテイン

全体的な健康を考えるなら、ソイプロテインがオススメ!
バランスよく、適度に筋力や体を作り、骨を強化するイソフラボンも含まれています。
そして、ホエイプロテインよりも全般的に安いです。

健康も考えてオーガニックなもので実践してみるのもいいと思います。
おからパウダーは食事にも使えて便利。
特に女性にはいいかも。

 

筋トレとストレッチ

筋トレ、ストレッチなどの軽い運動は、筋肉の強化、骨の強化、靭帯への刺激のために続けた方が良いです。

特に安静期間が長かった、手術をしたという方は、筋肉の働きがなくなっている線維があるかもしれません。

骨折や怪我の後は低負荷で行うトレーニングを。
身体を支え、正しい位置に姿勢を保持してくれる【支持筋】のトレーニングをすること。

それはとても根気がいります。気長に続けることが必要です。

場合によっては、筋肉のことを勉強してみるのもいいかもしれません。
どこにどんな筋肉があるのかを知って動かすとイメージがつきやすいです。

 

1.   体を支える筋肉(インナーマッスル)をしっかりと整える

2.   パフォーマンスを上げるためのハードなトレーニング
(アウターマッスルを鍛える)

 

の順番でトレーニングすることを考えましょう。
いろいろなトレーニングで筋肉の質を良くしましょう。軽いランニングやウォーキングもオススメです。

・ヨガ

全身のバランスを整える上で、ヨガは最適です。

ヨガの良いところは

・自分のペースでできるところ
・自分に適した負荷でできるところ
・全身の調整ができるところ

筋力訓練やストレッチで部分的にトレーニングすることはもちろん大事ですが、筋膜の調整や骨格のバランスを整えるには、全身をダイナミックに使う調整方法も必要です。

さまざまなポーズが、様々な角度からの負荷になって、骨を強化する効果もあります。

怪我や骨折後、一度崩れたバランスを整えるにはヨガはオススメです。

・生活習慣

生活によっては、疲れ、疲労が溜まっていたり、栄養不足、運動不足だったり、体の機能が保ちにくいかもしれません。

よく寝て、栄養のあるものを食べて、ストレス解消をして、生活面から自分を大切にしましょう!

 

まとめ

骨折から1年半経てば、もう回復して、ケアをしていないかもしれません。

でも、今後のためにもう少しケアを続けて欲しいです。

特に瘢痕の癒着は盲点になりがち。

気長に根気よく続けてください。

スポーツでは、急激に意図していない負荷がかかる場合があります。
始めるのであれば軽い負荷から。

しっかりと基礎的なトレーニングをして、体の準備をしましょう。

リハビリが終わった後は自分で体を整えることが必要になってきます。
参考にしてみてください。