骨折体験談1・脛骨腓骨を骨折しました

脛骨腓骨骨折をしました!

みなさんケガをしたことありますか?
僕は生まれて初めて骨折をしました。
この記事を見ている人は骨折してしまった。という人が大半なのではないでしょうか?

病院で全く動けずにいたら「この先どうなるんだろう?」「今できることってなんだろう?」と考えてしまいますよね。

足の骨折は歩けないので歯がゆい気持ちにもなります。
でも、焦っても解決しないので、ガンバって冷静に一つ一つできることをしていきました。

同じように骨折した人に向けて、僕の経験、成功や失敗もシェアしていきたいと思います。

骨折は初体験

今回の骨折は左足の脛骨腓骨骨折です。
スネには2本の骨があるのですが、両方折れてしまったのでブラブラな状態になりました。

僕は今回の骨折の他に、10年前反対の足の踵を骨棘除去術を実施しているので、両足を手術したことになります。足の怪我が多い。。

 

骨折はスケートボードで

 

今年の夏から、超インドアな妻がスケートボードにハマりました。

僕はスノーボードの練習としてスケートボードを持ってて、妻もスケートボードに乗ってみたらしっくりときたようで、時間があれば「スケートボードに行きたい」と言うようになりました。

僕はもともと外で過ごすことは大好きなので、妻に趣味ができたことが珍しいしうれしくて時間ができた時は連れていきました。

 

そんなある日、妻と子供と3人でスケートボードをして1日中遊んでいました。
そろそろ帰ろうかと思っていた矢先。

”ボキッ”という太い鈍い音がしたのと同時に、スネから下がなくなったように感じました。

『あ、折れた!』瞬間的にわかりました。
感触は『冷凍した太いポッキーがボキッと折れた感じ』

僕は転んでもいないのに骨折しました。

多分疲労が溜まってて、急激な運動をしたので骨が折れてしまったんだと思います。

日々の忙しさと、今までしたことのないスポーツを急に「過剰」にしてしまったので、体が運動の強さについてこれずに疲労骨折してしまったと思います。

意外と冷静で、骨折した左足に体重をかけないようにアスファルトに横向きで倒れました。ちょっと変な感覚ですがショックや痛みよりも興奮やワクワクに近いような気持ちが出てきました。(不思議と、、)

恐る恐る見てみると、左足のつま先が外側を向いて、スネの中間が盛り上がっています。

動かそうとしましたが骨のずれる感触があって気持ち悪く、折れた部分よりもつま先側が全く思い通りに動いてくれません。グラグラぷらぷら状態。

救急車で搬送されるまでのやりとり

「こういったときはどうすればいいのか?」
幸いポケットにスマートフォンがあったので、『119番』

足が折れたことを報告します!

『痛みもすごく強いわけではないし、腫れもありません。出血もなし。』
いつも以上に冷静に頭が回った。不思議。

『自分で病院に行けるのではないか!挑戦してみよう』という気持ちになってしまって、「大丈夫です。自分で行けます。」と言ってしまいました。

 

一度電話を切って改めて足の状況を確認。
「出血はないけど、動いたらずれる。するとめちゃくちゃ痛い。今は大丈夫だけど骨折部で周りの筋肉を傷つけたらどうしよう?固定するものもない。車は遠い。起きれない。妻は気が動転している」

→『無理だ』

もう一度119番をして救急車を要請しました。

後から考えてみると、救急車で行かないと診察の順番を待つハメになっていたかも。脛骨腓骨骨折は迷わず救急車を要請しましょう!

救急車の中はどうなってるのか

タンカーに乗せてもらって救急車の中へ移動し、どこの病院がいいか聞かれます。

よくわからないので一番近くの整形外科に行ってもらいました。

車は揺れが大きいのが気になりました。揺れの振動が骨折したところに響いて、とても気持ちが悪いです。(救急車の振動ってどうにかならないのかな?と思いました。自分はまだいいけど、もっと大変な状況の人には負担がありそう)

靴を脱がせてもらう時も骨がガコガコするのがすごく痛かったけど、今回の骨折では、周りの筋肉や神経にそれほど損傷がなかったことが幸いでした。
骨が飛び出ている時や、出血、腫れがあったらこんなに余裕はなかったかもしれない、、。

(僕はわりと体も大丈夫で気持ち的にも余裕があったので、救急車の中でも背骨を動かす運動をしていました。。奥さんは驚いたらしい)

 

骨折で学んだこと

今回初めて救急車を要請しました。
経験として学んだことをまとめてみます。

スマホを身につけておく

今回ポケットにスマホが入っていたのですぐに連絡することができました。
近くに誰かがいて助けを呼べる場合はいいですが、スマホを身につけておくことは大事でした。

できるだけ冷静に

思わぬアクシデントは気が動転して正しい判断ができない場合があります。
周りの人に応援を依頼して、誰もいなければ声を出したり電話を使って助けを求めたらいいと思います。

119番に電話をしたら対応してくれた人は1つ1つ丁寧にお話ししてくれました。
「どうしましたか?」
「場所はどこですか?」
「目印になるものはありますか?」
と今回聞かれました。

答えられるように、状況判断を!(電話ごしに優しく丁寧にお話ししてくれるので、こっちも案外落ち着きます)

病院の選択

今回の骨折はちょうど日曜日の17:00を過ぎた頃でした。
緊急の当番病院が2つあってどちらかの選択を迫られました。

でも全然「どこがいい」ということはわかりません。
とりあえず近くの病院への搬送をお願い。

おそらくですが、17:00前であれば病院の選択肢はもっと広かったのかも。

急な出来事で病院を選ぶということはまず難しいと思うのですが、万が一に備えて近くの整形外科で自分ならここに行くという病院をチェックしておいてもいいかもしれません。一つではなくいくつか。
自分の地域の医療機関を一度調べておくのは何かの時に役立つ気がします。

急に過度な運動はしない

今回の骨折の反省。慣れない運動を急に過度にやりすぎると体がついてきません。
体は徐々に徐々に少しずつ作っていって、だんだん強い負荷にしていくべきでした。
『漸進性の原則』ですね。。

【漸進性の原則】順を追って一歩ずつ進む

 

病院へ到着してからかかとにドリルで穴を開けました。到着後へ、