【傷跡テープ・アトレスケアを検証】手術の傷跡の変化

手術の傷跡はできるだけキレイに治したい

僕はリハビリの仕事をしているので、たくさんの手術の傷跡を見てきました。

手術をすると大小関係なく、必ず傷跡が残ります。
病院では手術と機能回復のためのリハビリをしてもらいます。
でもそこで終わりではありません。
そこからは自分でケアすることが必要になります。

僕自身も骨折をして、できるだけ長くリハビリを受けるようにしましたが、その間も、その後も自分でケアをしてきました。

今回は手術の傷跡に貼ったアトレスケアの効果を検証した記事です。

手術の傷跡はキレイにするための一つの方法『テープを貼る』
手術後のケアが大切!

アトレスケアを使ってみた

僕は手術を過去にしていたので、その経験を生かして、今回の脛骨腓骨骨折後のリハビリ、運動をきちんとしていました。

でも、残念なことに今回うまくいかなかったのは、手術をした部分の傷跡です。
ケロイド化してしまいました。

その理由はサポーターをしたことでした。

傷口は2カ所あって、スネの内側と内くるぶしにあります。ケロイド化したのは内くるぶしの部分。
内くるぶしは出っ張っていますよね。そこにサポーターをしたので外部の刺激を受けてケロイド化してしまったんです。

装具やサポーターの固定は仕方がない。
必要なことだったかもしれません。

「でも、できるだけ綺麗にしたかった…」

 

僕は遅かったですが、こんなアイテムを発見しました。
傷跡専用テープ「アトレスケア」

実際に使ってみましたがすごく良くて、本当に最初から知っていれば……と思っています。

 

それではアトレスケアをご紹介します。

届いたときまず思ったのが「小さい!」

Sサイズ30枚で3000円

Mサイズ10枚で2000円くらいしたので、合わせて5000円くらいでした。

そこそこ高いのに、こんなに小さいのが届いてちょっとびっくり。

 

「コスパ高くないか?」と感じると思います。

 

真ん中がSサイズ。右がMサイズです。

 

いざ、貼ってみます。

裏側の白い紙を剥がして、説明書通りに引っ張ります!
引っ張った瞬間「これはすごい」と思いました!

テープ自体は薄いのに、真ん中のギザギザしている部分がビローンと伸びて、伸ばしたときの感触は、ゴムみたい。

中心に向かって縮む力があることがわかります!皮膚を中心に寄せるので、
傷跡の幅が広がるのを防いでくれます。

最初の印象とは逆に「小さいのに、こんなすごい機能があるの?」という驚きに変わりました。

テープはあまり目立ちません。すごく薄いです。

 

アトレスケアを貼って生活してみました

薄くて、突っ張る感じもなくて、貼っていることが全く気になりません。
忘れて生活していました。

お風呂に入っても大丈夫。全然剥がれてきません。

説明書には2〜3日に1回を目安に交換してください。と書いてあるのですが、1回1週間くらい貼って試してみました。

1ヶ月試したので、4回貼り替え実施。
周りが多少浮いてくるときもありましたが、だからといって どんどんめくれてくることはなく、1週間は持ちます。
それ以上の期間は試していませんが、いける気がします。

 

アトレスケア使用から1週間。こんな感じです!

僕の場合ですが、全く皮膚のトラブルはなくて、剥がした後もきれい。

 

気になる結果ですが、

手術してから8ヶ月目の傷跡です。
※アトレスケアを試す前

 

アトレスケアを貼ってから1ヶ月。手術をしてから9ヶ月目。
こんな感じです!

きれいになっています!赤い部分が減って白くなってきました!
傷の幅も狭くなっています。

貼って1週間目から変化を感じ、傷の端の方から白くなっていくのがわかりました。

 

この傷の長さは6cmくらい。
Mサイズなら1枚、Sサイズなら2枚の大きさです。
傷がカーブしているので、Sサイズを2枚貼っていました。

Sサイズだと、30枚入り3000円くらいです。
Mサイズは、10枚2000円くらい。
そんなにコスパ悪くないかも!

その後の傷跡を左右すると考えると、全然高くはありません。

 

ケアの仕方の反省

アトレスケアのような商品があることを知る時期が遅かった…。これに尽きます。

こちらは手術して1ヶ月半の傷跡です。
この時は傷が細くて、それほど腫れていません。

 

こちらはエバーステップ(サポーターのような装具)を着けたり、靴下を履いて仕事に行くようになってからの傷です。装具や靴下などから、傷跡に外部刺激を受けている生活です。
傷口が広くなって赤く盛り上がっています。

特に内くるぶしは出っ張っているので、装具の干渉が強くて、スネの傷跡よりも赤く盛り上がりました…。

これがエバーステップ。

足首をサポートするために装具は必要だったかもしれません。

でも、傷跡に関して言えば、伸展刺激や摩擦刺激となってしまって、ケロイドになってしまいました。

反省点;
装具の装着は必要最小限でよかった。
アトレスケアを貼っておけば良かった!

 

アトレスケアを使用して良かったこと、気になったこと

最初はどんなものなのか全く想像できなかったんですが、1ヶ月使い続けてみて感じたのは、簡単で何のストレスもないということです。

 

アトレスケアの良かったところ

  • 傷がきれいになっている!(最大のメリット)
  • 貼っていることが気にならない。動きを妨げるような感じがない
  • 薄くて目立たない
  • 耐久性があり、剥がれてきにくい
  • お風呂にも入れる
  • 手間がかからない
  • 運動もできた

 

アトレスケアの気になったところ

  • 貼る時に白い紙が剥がしにくい
  • 凹凸がある箇所(内くるぶし)に使用したので、シートがしわにならないように慎重に貼る必要があった
  • 貼った部分をゴシゴシ洗うことができない

気になることはほんの些細なことです。
写真の通り傷跡がきれいになっているので、それがすごく嬉しいです。
デメリットのようなものは特に思いつきません。

どうか参考にして、しっかりとケアしてあげてください!

 

※SサイズとMサイズがあるので、サイズをご確認ください。

 

2種類の傷跡ケア専用テープを比較してみました