手術の傷跡をキレイにするためのセルフケア【傷跡専用テープを比較】

手術の傷跡は、管理の仕方によってキレイにできるか、痕が大きく残ってしまうかが変わります。
できるだけキレイにしたいですよね。

僕は脛骨腓骨骨折の手術後「アトレスケア」「マイクロポア」という2種類の傷跡ケア専用テープを試してみました。
どちらもいいテープでした。

今回はテープをオススメする理由と、2種類のテープの違いを書きたいと思います。

 

傷跡ケア専用テープをおすすめする理由

①  傷跡の見た目をキレイにする  
②  傷跡の硬さを少なくする 

この2つです。

 

手術をすると大きくても小さくても傷跡ができます。

最初は手術の傷口が開かないように糸で縫合しますが、おそらく1週間から2週間程度で抜糸することになります。

でも、傷は抜糸後も修復する時期が続きます。

一般的には2ヶ月から3ヶ月は傷跡の癒合は続くので、いろいろと変化のあるデリケートな時期です。

手術したらリハビリやケアをすると思うのですが、盲点なのが「傷跡」なんです。
その理由は自分でやらないといけないから。

 

 

抜糸をした後、皮膚はくっついていますが、組織はまだまだ回復する段階です。
傷が安定するまでは自分でケアすることをお勧めします。

皮膚、筋膜には弾性があって、常に引っ張る力が働いています。
傷口も開く方向に力がかかります。(場所によってもだいぶ違いますが、、)

傷が開くと傷跡が目立つようになったり、ケロイド(肥厚性瘢痕)になる可能性があるため、それを防ぐために活用したいアイテムが傷跡ケア専用テープ。外から受ける刺激から傷跡を保護します。

僕は傷跡ケア専用テープの「アトレスケア」と「マイクロポア」を使ってみました。そして、比較をしてみました。
用途は同じですが、全く違う使い心地です。
どちらがいいのか検証。おすすめの使い方もご紹介。

 

 

傷跡ケア専用テープを特にオススメする場所

関節

関節の外側は皮膚が伸びるので傷口が開くほうに皮膚が伸びやすいかも知れません。衣服の緩衝しやすい部分でもあります。
また、よく動かす関節も刺激が多いと言えます。

衣服やサポーターなど皮膚への緩衝が大きい部分

衣服は質も大事です。硬くて摩擦が強くなる服の材質は注意です。サポーターなどは締め付けになるのでその部分に傷跡があるとケロイド化しやすいです。

 

 

アトレスケアの特徴

最大の特徴は中央に寄せる力があることです。

●傷跡に向かって寄せる力
アトレスケアは中央に向かって収縮する力があります。傷跡に向かって収縮するので『皮膚を寄せる』という特徴があります。
傷跡の幅が広がるのを防いでくれます。
マイクロポア(サージカルテープ)にはない機能です。

 

●貼っていることを忘れてしまうくらい薄い
かなり薄いです。
中央部分だけ収縮する構造になっているので、周辺部分は柔らかくツッパリ感がありません。
運動をしても全く気にならず、貼っていることを忘れてしまいます。

 


●蒸れない
日貼り続けても蒸れて不快になることはありません。
汗の蒸発を妨げず快適さがずっと続きます。

 


●透明で目立たない

写真は腕です。

透明のフィルムが目立ちません。多少の光沢くらいです。
腕や足なら気づかれないで過ごせるのではないでしょうか?

マイクロポア(サージカルテープ)の特徴

ドラックストアなどにも売っていると思います。
一般的な傷跡ケアのテープです。
すごく使いやすくて、コストパフォーマンスがいいです。

●使いやすい
柔らかくて手で切れて、簡単に貼ることができます。

 

●通気性に優れて肌にやさしい
アトレスケア同様蒸れることはありません。
伸縮性はありませんが、テープに弾力があり肌に馴染みます。運動しても気になりません。

 

●肌に近い色で目立ちにくい

写真は腕です。
肌の色に近いですが、肌色より少し茶色っぽいです。色黒の人なら目立たないかと思いますが、色白の人なら目立つかもしれません。写真の腕は色白の方かと思います。

 

●値段が安い
マイクロポア(サージカルテープ)は値段が安いです。
どんどん使える気軽さがあります。

 

●アレルギーテスト済みで安心
病院用と同じ品質のテープとのことで、安心して使えます。

 

●弾力がある
アトレスケアに比べると、テープ自体にちょっとした厚さがあるので、外部刺激には強い印象です。
安心感があります。
アトレスケアの特徴である寄せる力はないですが、テープ自体に弾力があります。

 

「アトレスケア」と「マイクロポア」を比較

それぞれ特徴の違う傷跡用テープ。
比較してどのように使うことが有効なのかを検討してみました。


● 抜糸後すぐは『アトレスケア』
アトレスケアの方が傷跡に向かって皮膚を寄せる力があるので、傷をキレイにするためには効果的だと思います!

マイクロポアは皮膚を寄せて貼れば固定はできるけど、寄せるためのはない。貼り方が大事になります。

 

● 日常生活よりも激しい運動をするなら『マイクロポア』の方が剥がれる心配はなさそう
アトレスケアの方が衣服のスレなどで剥がれやすいかも。(多分大丈夫ですが、、)
強度的にもコスト的にもマイクロポアの方が運動するときは気にならないです。
運動して汗をかいてもどちらも蒸れが気になることはありません。

 

● 外部刺激からの強さは『マイクロポア』
テープの弾力、厚さ、粘着力があることから、外部刺激に対してはマイクロポアの方が強く安心感があります。

 

傷跡用テープを比べた【おすすめの使い方】

抜糸をした後すぐ、傷跡用テープは使用した方がいいと思います。
僕の経験を踏まえて、テープの特徴を元に検証し、オススメの使い方を考えてみました。

 

①  抜糸後すぐは「アトレスケア」

先ほども書きましたが、抜糸後は傷跡がまだ広がりやすいはずです。

しばらくは外部刺激を気をつけることと共に「アトレスケアの寄せる力」で皮膚の広がりを常に予防したいと思います。

取り替えるときの肌へのストレスもアトレスケアの方がやさしいので、それもメリット。

 

②  1ヶ月〜2ヶ月くらいで「マイクロポア」に変更

1ヶ月〜2ヶ月くらいするとアトレスケアを使い切るかもしれません。
その頃には傷跡の状態も落ち着いてきていると思います。

あとは固定でいい時期になるかと思います。

手術後の回復もどんどん進んで運動の強度も上がってきているかもしれません。
そうなると、粘着力があり、外部刺激に対しても強そうなマイクロポアがオススメ。

 

1.  抜糸後すぐはアトレスケアで、外部刺激と皮膚の広がりを防ぐ。

2.  傷跡が安定し運動もできるようになってきたら、弾力や厚さのあるマイクロポアに変更。

 

1年くらいのスパンで2回手術をした経験からなので参考にしてみてください。

特に装具などを装着するときは、伸縮性のないマイクロポアの方が傷を保護してくれる効果があると思います。

 

 

まとめ

どちらのテープもとても有効!
傷跡のケアをしっかりとすることは本当に大切なことです。
どのような方法でもいいので、手術をした方は是非実践してみてください。