下半身を安定させるサポートタイツ【CW-Xジェネレーター】

CW-Xとは

カラダを守る、動きやすくするというコンセプトの、コンディショニングウェア『CW-X』。
テーピング原理をタイツに組み込むという発想から『ワコール』が開発しました。

CW-Xはサポートタイツがとにかく有名!

『CW-X』は、長時間走ったり、歩いたりする際の、ふらつきやブレを軽減する、サポート力に優れた高機能サポートタイツです。
さまざまなスポーツで人気があり、トップアスリートからスポーツ愛好家に愛用されています。

今たくさんのメーカーからサポートタイツは販売されていますが、その先駆けがCW-X「エキスパートモデル」です。
『履くテーピング』というイメージで開発したサポートタイツ。

CW-Xが一番大切にしていること
「股関節を安定させながら連動性を持って全体を安定させる」

身体というのは連動してパフォーマンスを発揮するものです。
部分的に安定させれば全て解決するということはありません。
商品を開発したワコールも身体を部分的に捉えるのではなく、全体として連動することを考えて、この商品を開発したそうです。

CW-Xは、サポートラインを一本に繋げることで足全体の関節や筋肉をサポートしながら、その力(エネルギー)を部分的に止めるだけでなく全体として伝わるように設計されています。

「構造に沿って自然の動きをサポートすること」
無理に身体を押さえつけるのではなくて、その人の身体の持っている本来の力を最大限に引き出すことを心がけているとのこと。

サポートラインは伸縮性を少なくし、強いパワーを保ちながら、関節の動きを邪魔しないような構造になっています。
生地は柔らかく伸縮性を持たせ、無理のない締め付けにすることで、長時間快適に履いていられるようにしているとのことです。

 

CW-X ジェネレーターモデルの紹介

CW-Xの中でも上位のモデルに位置するジェネレーターモデル。
体への負担が強いスポーツに最適です。

『スポーツでフルサポートしてほしい』という時は、ジェネレーターモデル!

下半身を安定させ、体軸のブレを軽減することでスポーツのパフォーマンスを上げます。

身体では股関節、膝関節を支え、お尻、腰、太もも、ふくらはぎの筋肉までサポート。
急発進、急停止、着地の衝撃、ねじりなど、スポーツの動き全般をサポートしてくれます。
故障を防ぐことにもなり得ます。

さらに、足の筋肉の揺れを少なくし、疲労を軽減させてくれます。


後ろ側。
お尻を支え、太もも裏で縫製がクロスし、ふくらはぎもサポートしています。


膝の部分。
膝蓋骨のスペスを開けて、上下でクロスするようにサポートしています。
生地の色に違いがあるのがわかりますか?
テーピングのようになっている生地は伸縮性が低い生地。
膝蓋骨の部分は薄くて伸縮しのある生地。
関節のブレを抑えながら動きを妨げません。

CW-X ジェネレーターは、下半身のあらゆる部分をサポートしてくれるサポートタイツです。

CW-X ジェネレーターモデルの効果を体感

そんなワコール『CW-Xサポートタイツ』を、骨折後から使用しています。

初めて履いて登山をした時の感想

初めて登山で履いた時の感想は、
『下半身の安定感』
『関節のブレの少なさ』
『筋肉のサポートと動きやすさ』

履いていない時とは全然違います。
すごい機能です。

登山の降りで膝が痛くなりやすい人は多いはず。
骨折後下半身の不安定さを感じて、「登山に復帰したら間違いなく膝に負担がくる」と思っていました。

実際にお店でいろいろ履き比べ、サポートタイツが体を支えてくれていることを実感。
『足がある!』みたいな感じになります。
サポートタイツの中でもCW-Xが断トツ自分には合っていました。
屈伸運動がすごく楽。

心配していた骨折後、初めての登山。
心配していましたが、膝の痛みは全くありませんでした。

僕が一番感じたことは膝や股関節の安定感です。
ぐらつく感じがなくて、安心して登れたこと。
下半身が安定すると外のことに注意を向ける余裕も生まれやすくなって、より登山を楽しめました。
『骨折前から履いておけばよかった』と思いました。
なぜたくさんの人が愛用しているのかがよくわかりました。

降りでは膝が曲がれば曲がるほど、重力に対して勝手にタイツが抵抗してくれるような、筋肉をサポートしてくれているような感じ。
膝の痛みは全くありませんでした。

そして、皆さんがコメントされているように、次の日の疲労感も軽減されたようです。

抜釘手術後はスノーボードにCWーX

スケートボードで骨折したので、最初のスポーツ復帰スノーボードには怖さがありました。

スノーボードで履いた感想3つ。
『スノボードのブーツに干渉しない』
『関節がブレない』
『回転の動きもサポートしてくれて動きやすい』

まず、思ったことは準備段階から。
「ふくらはぎまでサポートがあるけどブーツに干渉しなくていいなー」ということ。
いざ滑り出してみると、やっぱり登山の時と同じ。関節の安定感を感じます。
「回転の運動にも邪魔にならない。むしろ力が伝わりやすい」とまで感じました。
『骨折前から履いておけばよかった』

 

今までの経験から、身体のアライメントの微妙なズレや、運動時の衝撃の繰り返しで、関節を悪くしている人を見てきました。
筋力があって骨格ががっしりしている人でも関節は痛めてしまいます。

CW-X ジェネレーターの一番いいところは、
『関節の安定をサポートしてくれること』
『動きを正しい位置に近づけながら筋肉をサポートしてくれること』

体は一生大事に使いたいし、怪我なくスポーツをしたいですね。

 

サイズ選び

タイトにピタッとしたサイズでないと、効果を最大限に発揮することができません。

僕は身長173cmなのでMサイズがジャスト。

 

買い方

実際に履いてサイズ感を確かめるのがいいと思います。お店で買うのがベスト。
サイズがなんとなくわかるのであれば、ネットが安いです。

 

洗濯の仕方

ネットに入れて洗うといいみたいです。
そして脱水は少なめで。
でもすぐに乾きます。

週3回くらい履くと2〜3年くらい使えるそうです。

 

まとめ

イチロー選手や田中投手も使っているCW-X。

『スポーツをする人』
『身体の負担を軽減したい人』
『怪我から復帰して運動を再開する人』

サポートタイツ、特にジェネレーターモデルはオススメです。