骨折体験談3・手術当日

脛骨腓骨骨折から4日目

いよいよ手術当日になりました。今回の記事は手術当日の1日の体験記になります。

手術当日の1日の流れ

基本的に手術前は食事の制限があります。

手術は15時から。
朝食後は何も口に入れてはいけないとのこと。
お昼12時までお茶かお水はOK。
朝食は、軽くパンだけ出てきました。

制限やルールが決まっているので本格的に手術なんだなーという実感が湧いてきます。
一応、朝お水を飲んでからは控えるようにしました。

全身麻酔で手術をした友達からは、『マスクを当てられて、一呼吸した後から覚えていない』と聞います。緊張はしますが、どんな感じなんだろうという興味がどこかにあるような感じ。

待っている時間はあっというま。
時間が近づいてきます。
手術用のT字帯というパンツのような褌のようなものがあって、それをはいて準備。

 

手術室へ

、、、、。

いよいよ手術の時間がきたので、ストレッチャーで手術室へ行きます。

手術室に着くとすぐにいろいろな作業が始まります。看護師さんの手際がすごく良くて、「怖いなー」と感じる間も無く、パッパっと次々進んで行きます。お話しながら説明しながらしてくれるのですが、手際が早すぎてどこが何をされているのか把握しきれません。

先生が牽引器具をバチンッバチンッと外しています。
一人の看護師さんは横でいろいろと説明してくれながら、腕の血管に針を刺してくれます。

いろいろな準備の後に横向きになり、麻酔科の先生が説明しながら腰椎のあたりから麻酔を入れてくれます。
時間は一瞬よりもほんの少し長いくらい。((あれ?本当にあまり痛くない!本当に入ってる?))っていうくらいです。

仰向けになって、マスクを口に当てて、『一呼吸、二呼吸?』

 

手術が終了

(あれ?)

目が覚めると個室のベッドの上。

時間は18:00が過ぎていました。手術室へ行ったのは15:00。
((終わったんだあーこれが全身麻酔かー))
時間が飛んだ感覚です。

足は痛くないけど、すごく腫れています。
手術前とは形も感覚も全然違う足に。
もちろん牽引器具はもうありません。

腰には麻酔の針がまだ刺さっていて、首からはその麻酔の液が入った袋をネックレスのように下げています。
尿カテーテルも入っています。

 

何をされていたのかは全くわからず、気がついたらベッドの上。
手術前とは全く違う状況になっていました。

あっという間でした。

家族がいるのでお話をしようと思ってベッドを起こしたのですが、体を起こすとすごく気持ちが悪い!全然起きていられません。

先生が来て、手術が無事に終わったことを告げられました。
家族もまずは一安心できたようです。

僕もなんとなく安心。

 

手術後は食事が食べれず、、

夜になり20:00。

『食事をとってあるので食べたい時にどうぞ』と看護師さんから声をかけていただき、食べてみました。お腹は減っているかどうかはよくわからない感じでしたが、、
一口食べると具合が悪くなってしまいました。
残すのはいやなので、がんばってみたのですが、気持ちが悪くてどうしても食べれず。泣く泣く下げていただきました。(もったいないけど、、)

スポーツをした後の疲れとは全く違って、自分で自覚できないのですが、体はすごく疲労しているようだし、なんか変な感じがします。

手術を終え牽引器具が外れた

腫れた足。シーネで固定された足。包帯を巻かれていてもむくみがあるのがわかります。
むくみ軽減のため、クッションで高くあげていますがすごく重たく感じます。

明日からすぐにリハビリが始まるそうですが、どうなっていくのか。

ひとまず無事に手術を終えたのでよかったです。

たけ

昔は安静が第一と言われていましたが、今は早くリハビリを開始してます。体を使わないことによる廃用・機能低下を防ぐためにできるだけ早く始めるんですね。

 

手術の次の日からどうなったかへ進みます、、

脛骨腓骨骨折プレート固定術はこんな感じです