「骨折を早く治したい」おすすめのサプリメント【スポコラSPEED3X】

骨折の回復には栄養ってすごく大事です。

骨折をしたらなるべく早く治したいし、周りの組織も含めてきちんと治したいですよね。

でも「どんな栄養が大事なのか?」「それは簡単に摂取できるの?」
そもそも「骨って何で構成されてるの?」

 

今回は、骨折の回復、手術後の回復に必要な成分について考えてみました。
骨折の回復に関係があるのは、骨の表面を覆っている「骨膜」や、手術をしたなら瘢痕の「筋膜」も関係してきます。

骨折をしていろいろなサプリを試していたのですが、
「これが一番効果があったのではないか」という実感があったのがファイバープロテイン【スポコラ】です。

サプリメントの効果を”実感”した!ということが初めてだったので、オススメしたいと思いました。

このサプリメントは、骨折の回復に対してだけでなく、筋膜の成分にもなっています。

骨折した人の多くは、手術をしているかもしれません。
手術をすると、大きい小さいは別にして傷跡ができます。これは筋膜を傷つけることになります。
手術をしたら、骨の回復だけではなく、筋膜も整えることが必要!

実は、それすらも補ってくれるのが【ファイバープロテイン スポコラ】です。

 

骨を構成する成分

骨を強くするためにまず浮かんでくるのは「カルシウム」ではないでしょうか?
もちろんカルシウムは重要で、骨を硬く強くしてくれます。

でも、カルシウムだけでは不十分!

むしろサプリなどでカルシウムを取りすぎると、骨が石灰化する可能性もあります。

カルシウムが付着する土台「コラーゲン」が必要なんです。

 

私たちの骨は大体25%がコラーゲンでできています。

骨のタンパク質は主に「Ⅰ型コラーゲン!」
強くて硬い線維状のコラーゲンで、網目状に張りめぐらされています。
その網目の土台に、カルシウムがくっついて硬くなり、『骨』を構成しています。

骨の土台になるのは網目状のコラーゲンなんです。

なので、カルシウムがあっても、土台になるコラーゲン(ファイバープロテイン)がないと、骨自体ができあがりません。(ビルにたとえると、柱の中の鉄骨にあたります)

コラーゲンは、『ケラチン』『エラスチン』などとともに、ファイバープロテインに含まれます。

 

しなやかな骨はコラーゲンが多い

素晴らしいことに骨の土台になるコラーゲンは、強さだけでなく、柔軟性やしなやかさを合わせもっているんです。

骨に柔軟性ってある?

そう思われるかもしれませんが、丈夫で健康的な骨には ”しなり”  があります。
”しなり”があるので、受けた力を吸収することもできるんです。

骨が折れない柔軟性や砕けない弾力は『コラーゲン』のおかげなんです。

 

骨膜もコラーゲン

骨の表面は『骨膜』という薄い膜が覆っています。
そう、この骨膜』もコラーゲン線維でできています。

 

骨膜は、下の層の骨質と強く結びついていて、知覚神経や血管、リンパ管が走っています。
筋肉や腱と骨を結びつける役割も果たしているんです。

成長期には、骨の表面に骨質をつくる働きがあって、骨の成長に大きく関わります。
成人では骨に栄養を運ぶことに関与しています。

ありがたいことに、骨折して骨が損傷すると、骨膜は成長期のように骨質の再生を行なってくれるんです。造骨機能を発揮して、骨の修復作業を始めてくれるんです。

骨折の回復にめちゃくちゃ重要です!

 

ボキッと折れるような骨折は、骨膜も破れてしまいます。
骨膜自体の再生も必要!

骨膜が骨の再生に大きく関わっているので、その成分であるコラーゲンは非常に重要な栄養成分だとわかります。

 

筋膜の回復も必要 ここでもコラーゲン

骨折の回復には筋膜も関係があります。

手術は筋膜を裂いて侵入します。(傷痕になります)
さらに、手術後は関節を動かしにくかったり、むくみがあったり、筋膜の弾力も低下します。
なので、筋膜を構成するコラーゲンとエラスチンは、手術後の回復に必要な栄養成分なんです。

筋膜を形成するのは『柔軟でストレッチ性のあるエラスチン』と、『丈夫なコラーゲン』
コラーゲンとエラスチンが張りめぐらされることで、柔軟で頑丈な膜のシートができています。

日頃よく動く部分の筋膜は、スムーズに伸縮します。
でも、動かさないと固くなります。
骨折による安静や、むくみなどで筋膜は固くなってしまいます。

全身にはりめぐらされている筋膜は、一箇所が固まってしまうと全身に影響します。
(全身は筋膜でつながっているから、、)

もともと体が固い人は回復が遅くなったり、後から機能が戻りにくくなるのはそのためです。

傷口の回復は二次的な機能不全にならないために重要です。(最近は医療の進歩で傷口の侵襲はできるだけ小さくなっています)

 

 

骨折の回復にはファイバープロテイン

プロテインという言葉はよく聞くと思います。プロテインとは『タンパク質』のこと。
タンパク質は私たちの体の材料みたいなもので、髪の毛や爪までもタンパク質でできています。

その中でも、ファイバープロテインというタンパク質があります。

ファイパープロテインは『線維状タンパク質』のこと。

骨、軟骨、靭帯、腱、真皮、血管などの主成分で、
組織の柔軟性と強さはファイバープロテインが作りだしています!

このファイバープロテイン『繊維状タンパク質』が、網目のように繊維を形成して、体の組織を形成します。
骨はその網目状の繊維の上に、カルシウムやリンがくっついて硬く強くなっている。

『骨の土台』『筋膜のシート』はファイバープロテインなんですね。
骨折の回復には必要な栄養成分。

僕は骨折のとき、骨、筋膜がなるべく早く回復するように、
ファイバープロテインのサプリメント【スポコラSPEED3X】を試してみました。

骨折の回復も順調で、骨折前よりも体の柔軟性が上がったのでびっくりしました。
効果を実感!

 

 

 

ファイバープロテイン【スポコラSPEED3X】に入っている成分

成分を調べてみました!
スポコラSPEED3Xには、骨折の回復に有効と思われる成分がいっぱい入っています。

  1. Ⅰ型コラーゲン
    骨タンパク質。骨の25%を占める。骨のしなりをつくって衝撃を和らげる。カルシウムが付着する土台になる。
  2. コラーゲンペプチド
    筋膜を柔らかくする線維芽細胞を活性化する。
  3. エラスチンペプチド
    筋膜を構成する。筋膜の柔軟性、伸縮性をつくる。
  4. Ⅱ型コラーゲン
    軟骨の50%がコラーゲン。軟骨はⅠ型のほかⅡ型の役割も大きい。関節の可動性の向上に役立つ。
  5. Ⅲ型コラーゲン
    腱や靭帯、筋膜はほとんどがコラーゲンでできている。Ⅰ型、Ⅱ型とともに伸縮性を出す。
  6. コンドロイチン
    骨の土台(Ⅰ型コラーゲン)に水分とカルシウムをはめ込む。その後水分を排出して硬化する。
  7. アルギニン
    傷の回復、骨折の回復を早める。コラーゲンの沈着を増強させる。
  8. グルコサミン
    軟骨を守る。マウスの実験では骨密度を高めたという結果も…。
  9. ビタミンC
    骨のコラーゲンを合成するために必要。

 

ファイバープロテインスポコラには、骨折や筋膜の回復に有効と思われる成分がとても多く入っています。

軟骨成分も入っているので、関節にかかる骨折や関節症にもいいかもしれません。
(栄養の効果は目に見えるものではないのですが、僕の場合は骨のくっつき具合がとても順調でした)

 

しなやかさを実感!

僕の場合は、さらに嬉しいことに骨折している最中に体の柔軟性が向上しました。

これは間違いなくスポコラのおかげだと思います。今まで体感したことがない感覚だったので。
コラーゲン線維でできている、靭帯や腱、筋膜に弾力が出てきたんです。

骨折中、スポコラを2ヶ月くらい試して、2ヶ月ほどやめて、また試してみたのですが、やはりスポコラを摂っている時に体の変化を大きく感じました!

 

ファイバープロテイン「スポコラ」お勧めできるところ3選

骨折の回復を早くすることはもちろんなので、
その他のオススメしたいポイントを3つ!

 

◉手軽

1つ1つ袋に入っているので自分で作る必要がありません。

開けて飲むだけ!
すごく手軽で、持ち運びもできて楽です。どこにでも持っていけます。


◉栄養成分がすごい

先にも書きましたが、骨や組織を作ってくれる成分がすごくたくさん入っていてすごいです。
いろいろ調べたのですが、ここまで入っているものは調べた限りでは他になかったです!
特にコラーゲンがⅠ型からⅢ型までしっかりと入っています。

筋肉や筋膜、靭帯など、身体の組織を作る成分が豊富なので、リハビリ効果アップやスポーツ復帰するサポートになるはずです。
名前もスポーツコラーゲン【スポコラ】ですし。

 

体がしなやかになる

骨を強化するため、骨折の回復の補助として飲み始めましが、予想以上の効果として身体が柔らかくなりました。

この身体がしなやかになることは本当にびっくりするくらい実感があって、今まで感じたことがない変化。骨折に関係なくオススメしたいところです。
身体が硬いと悩んでいる人にもぜひ試していただきたいです。

骨をつくり替えるには

最後に骨がつくり替えられるプロセスを少しご紹介します。

骨折が回復する手順

1.  骨折部分に骨をつくる細胞(骨芽細胞)が生まれて修復をはじめる。

2.  血管も新たにつくられていく。

3.  表面は仮骨が形成されて膨らんだように見える。
スポンジ状の強くない骨が折れた隙間を埋めていきます。機械的刺激や骨膜への刺激が有効です。骨折時は超音波による刺激なども有効。

4.  リモデリング(再生と破壊)を繰り返して、骨が完成していく。
徐々に荷重訓練などの負荷刺激を加えていきます。

 

骨は私たちが意識をしなくても、日々生まれ変わっています。

これを「骨のリモデリング(再生と破壊)」といいます。

骨も新陳代謝していて、新陳代謝のおかげで折れた骨もくっついてくれます。

骨の表面には骨を作る「骨芽細胞」と、
骨を壊す「破骨細胞」があって、2つがバランスよく働くことで『リモデリング』をしています。

若い人では5ヶ月、普通の人は7ヶ月くらいで、全く新しい骨へとつくり替えられています。

骨がリモデリングする時の材料が『ファイバープロテイン』や『カルシウム』になります。

 

 

まとめ・骨折を早く治すために大事なこと

骨折を早く治すために重要なこと2つあります。

1.  時期に合わせた刺激や負荷を骨に与えること(しっかりとりはびりすること)

2.  骨をつくるための必要な栄養を摂ること → ここでスポコラがオススメ!

 

できるだけ早くきちんと骨折を治すように、自分でできることはあります。

骨を強化して回復させるためには、適切な時期に荷重をかけ始めて骨を刺激すること!
そして、きちんと骨の材料になる栄養をとること!

ファイバープロテイン『スポコラ』は、その栄養をとる上でとても助けになるプロテインでした!