骨を強くする簡単な運動

骨は運動で強くできる

骨は抵抗に対して強くなる特徴があります。

重力や圧刺激など、負荷や刺激が骨を強くさせるので、適度な運動は大事です。

骨は加わった圧力に対して強くなっていきます。


 

加わる力の方向に対して強くなるので、動き方や、行っているスポーツの特徴が骨にも現れるんです。

さらにすごいところが
強さを保ちながら、重さは必要最小限にしてくれます。
(自動的に軽量化している!)

そんなことが行われているなんて骨ってすごいですね。

骨を強くする簡単な運動

骨を強くする方法は大きく2つあります。

「食事」と「適度な運動」です。
今回は ”簡単にできる適切な運動”  をご紹介です。

 

1. ウォーキング
踵から接地すると、全身に振動刺激が伝わって骨が強くなります。全身の筋力維持にも有効です。

 

2. かかとを落とす運動
両足のかかとを持ち上げて(つま先立ちになって)、
かかとをドンっと落とす。(振動が全身へ伝わります)
背筋を伸ばして、体の重さと振動をかかとに伝えます。


3. 背筋運動

背骨の筋肉をつけて、背骨を強化します。


4. 片足立ち

両足で立つと片足に体重の半分がかかりますが、片足で立つと全体重が片足にかかります。負荷が大きくなるので、骨は強くなっていきます。


5. ジャンプ(できるなら)

足の骨に大きな衝撃がかかります。

 

詳しくはこちら  骨の役割

骨を鍛えるといいことづくしです。

日常でもやりやすい運動だと思うので、ぜひ実践してみてください!