はじめまして

はじめまして。やまはたブログの中の人です。

やまはたブログをお読みいただきありがとうございます。

 

当ブログは「自分の体は自分で整えれる」を軸に制作しています。

ブログの記事を書いているのは、作業療法士・ヨガインストラクター・ボディーワーカーでもある、
たけさんです。(←プロフィールに飛びます)

「自分の体は自分で整えれる」とは、リハビリの仕事で沢山の方を見てきたこと、自身のケガや手術の経験から確信していることです。
自分でも出来るんだよ、人には自ら良くなる能力がもともと備わっているんだよ。そう伝えたい思いがあります。

 

当ブログは立ち上げから2人で制作しています。

わたしは何を担当しているかというと、
WordPressの立ち上げ、ブログ全体・本文のレイアウト、文章の編集、筋肉などの絵を描いています。

「制作裏話」のような記事があっても面白いんじゃないかなと思ったので、この度1記事書いてみることにしました。物作りの裏側の番組とか面白いじゃないですか。どんな思いで作ってるのかとか。

 

たけさんは文章を書くのは苦手と言います。
1つの記事で同じことを2、3回言ってしまったり、体のことの知識があるので専門用語がよく用いられています。
口頭で身振り手振りを交えての解剖学の話は、とてもわかりやすいのですが「文章」となると壁を感じられているようです。

体のことについて専門知識のない私が、たけさんが書いたものを読んで、

「読みづらい」「難しくてよくわからない…」
「もっとわかりやすく書いてほしい」
「この専門用語がまずわからない」
「ここに改行を入れてほしい」
「文章だけじゃわからないから、ここにイラストを入れた方がわかりやすい」

などなど、読んだ感想をそのまま伝えていました。

もっとこうしたら読みやすくなるのでは思う点があったので、バージョンアップ担当をしているというかんじです。

普段はグラフィックデザイン、イラストの仕事をしているので「どうしたらもっと伝わりやすくなるか」担当です。

 

ここ最近、新しい記事の更新はあまりしていませんが、過去記事を見直して「もっとわかりやすく更新しなおし」の作業が多かったです。が、当ブログの記事は100記事以上あって全記事チェックはまだまだ手が回っておりません…。半分もいってないかな。

「はいできましたー!」「はいできましたー!」サッサと更新できるわけでもなく、時間がかかってしまいます。なぜなら、
書かれたものを「ただビジュアルを加えて見やすくすればいいってものじゃないな」と感じるからです。編集する私がまず書き手の伝えたいことを理解する、(解剖学知識も)わかっていなければ、伝えるのは難しいと思っているからです。

実際に記事を読んで運動しながら「後脛骨筋ってここか?」「股関節ってほんとに柔らかくなるんだ」など実感しながら記事を更新しています。おかげでわたしも腰が以前より柔らかくなりました。柔らかくなることを半ば諦めていたのに。

ブログの内容は体のことで専門的なことですので
「間違った知識は伝えたくない」という書き手の思いは強いです。記事の編集が出来たらチェックしてもらっています。

かなり試行錯誤しながら作っていて、ゆっくりペースでの更新ではありますが、少しでもお役に立てるものが出来たら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

制作裏話の最新記事8件