作業療法士が伝えたい「道具」の記事も更新していきます

新しいカテゴリー追加します

こんにちは。

当ブログは骨折や筋肉など、体に関する記事を書いてきました。
これからは新しいカテゴリーも追加したいと思います。

名前は【道具を使って暮らしをサポート】です。

どんな内容かと言いますと
「道具を使って暮らしが楽になるようサポートしてもらおう」です。そのままですね。

道具とは日常生活に関する「物」です。家事で使用する物や衣類など、暮らしには様々な物があります。

僕は作業療法士として働き始めてから15年ほどになります。最初の頃は病院に勤め、今は訪問リハビリでお家に伺っています。

ご高齢の方や、麻痺がある方、病気されている方など、お家でどのような生活をされているかを何年も見てきました。日常には、歩く、料理をする、服を着るなど様々な「動作」があります。
体が思うように動かせない方は、ちょっとした日常の動作が大変な時があります。

 

作業療法士の視点

僕は作業療法士なので、自分の生活でも
「このお皿は軽くて使いやすいから、リウマチの方にもおすすめしたい」
「この野菜スライサーは力がなくてもカットできるからご高齢の方にもイイ」など、気づくことがあります。

ちょっと不便に感じていた動作が、道具を見直すだけで、楽になることが実は沢山あります。
出来ることが増えると嬉しいし、ラクに行えると作業が以前より楽しくなります。楽に行えると身体の負担も少なくすみます。

僕もケガや手術などで自由に動けない時期があったので、その経験で気づいたこともあって、書いていけたらと思います。

 

家で暮らすなら、なるべく自分で出来た方がいいですし、介護する方の負担も減るのでお互いにとって良いことだと思うのです。

そのような方の暮らしを楽にするための「これはイイ!」と思った道具やアイデアを伝えたいとずっと思っていました。

もちろん、ケガや病気をされていない方にもオススメしたいです。

 

本当は別ブログを立ち上げて作ろうと思っていたのですが、やまはたブログもリハビリや体に関することを書いているので、通ずるものがあるなということで、こちらに書いていきたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

 

1記事目書きました。

リウマチの方にもオススメ【手に負担が少ないお皿】CORELLE(コレール)

家事をラクにしたい方にもぜひ