体は食べ物で作られています

寒さ対策はインナーから!モンベル【ジオライン or メリノウール】どちらを選ぶか

 骨折後、寒さ対策はインナーから始まる

こんにちは。

「寒いっ」と感じたことはありますか?
気温が高いか低いかはもちろんですが、血流や代謝が悪ければ寒さを感じやすいです。

僕は骨折をして歩けなかったので、筋力が落ちて体が冷えるようになりました。
しかも骨折したのは10月です。3ヶ月間歩けませんでした。
冬場だったので寒さ対策を検討しました。
体自体が冷えるので、家の中、寝るとき、外出するとき、すべての生活場面を満たす方法を考えなくてはいけません。

家の中では厚着をしたくないし、寝るときは楽な格好をしたい。外は寒いから暖かい服装が必要。
わがままですが全てを満たしたい。
そこでいろいろ考えた結果、まずは暖かいインナーを購入することにしました。

『家の中でも外でもいつでも着れて、寝る時も着れるくらい楽』を満たすものは『インナー』です。
インナーは快適さを肌で感じるアイテム。必ず着るものなので、一番最初に考えるべきところかも。

元々体は冷える方ではないので、日常生活で寒くて困ったなーということは今まではありませんでしたが、今回骨折後、体が芯から冷える経験をして、冷えが辛いことを学びました。
そして、想像していたよりも生活の中でインナーが活躍してくれて、手放せなくなりました。

ぜひ寒さ対策の参考にしてみてください。

 

登山用インナーを普段着として着る【4つのメリット】

登山をする人は天候、気温の変化に対応するために、服は大事な道具として選びます。
登山やスノースポーツをする人にとって、暖かくて速乾性のあるインナーを着ることは当然のことと思います。
登山のインナーは寒い場所で、汗をかくような運動をする前提で作られています。

登山用インナーの機能はすごいので、実はこの機能は普段着としても大いに活躍してくれます。

 

登山インナーの基本的な機能

1. 保温性がある
2. 速乾性がある
3. 動きやすい
4. 臭いを抑える

この機能は日常生活でもとても便利な機能です。

1. 保温性
一枚でも暖かいので、重ね着を1枚減らせるかもしれません。
部屋の温度を少し下げることができるかもしれないです。
そう考えると保温性があることは実はエコ活動かも。
体を冷やさないのは健康にもいいです。

2. 速乾性がある
登山では、動いているときは暑くて汗をかき、動きが止まると汗冷えし、すぐに体が冷えます。
それをなくすためにインナーはすぐ乾くような機能になっています。
例えば、冬でも室内に入ると暑く、屋外に出ると寒い、という温度変化がありますよね。
汗をかくことは冬でもあります。そういったときに速乾性は汗冷えを防ぎ、サラサラして気持ちいい状態を保ってくれます。
また、洗ってもすぐに乾いてくので便利です。

3. 動きやすい
伸縮性のある生地が多いです。軽量化され動きやすく作られているので、寝る時にも着れるくらい楽な物もあります。
スーツの中に着るにしてもかさばらないです。
動きやすいということは、疲れにくさや肩こりの予防などにもいいです。

4. 臭いを抑える
登山は数日山に入って着替えないこともあるので、臭いをなるべく抑えるように作られています。
臭いを気にしなくていいのは日常生活でも助かります。

 

モンベル【ジオライン、スーパーメリノウール】を購入した理由

骨折は良くなって歩けるようになるはずなので、筋力は後からつけれるはず。
どうせなら、その後も幅広く活躍してくれそうなインナー。そして値段が安くて暖かく快適なインナーはないか…。

骨折前は登山をしていました。冬の山にも昇ることがあるので、登山のためのインナーは1着持っていました。
2年くらいアイベックスのインナーを着ています。
タイトな形で体にピタッとフィットするので、動きやすい。生地が薄いのも、デザインも気に入っています。

でもアイベックスは値段が高くて、とてもタイトな形なので就寝時には着たくないです。

今回は1日中(就寝時も)着ていたいので、機能面でも信頼できて、生地が丈夫そうで、評判も良く、値段もリーズナブルなものを求め、
モンベルの【ジオライン、メリノウール】を購入しました。
試着した時にアイベックスよりも体を締め付ける感じがなく、すごく楽だったので即決です。
 

 

【ジオライン】【スーパーメリノウール】どちらがいいか?

どちらがいいのかわからなかったので、モンベルの店員さんに聞いてみました。

【ジオライン】 
「とにかく水分、湿気を逃がす。
 行動する時、スポーツをする時に適している。
 乾くのがメリノウールよりも早い。
 とにかく水分を逃がすので、肘とかカサカサしやすい。」

【スーパーメリノウール】
「ある程度の湿度を中で保ち、余分な湿度を放出してくれる。
 乾きすぎないので、肌がカサカサしてる人にいい。チクチクする、と言う人もいる。
 匂いはメリノウールの方がしない。
 メリノウールの方が暖かい。外に長くいる時や、カメラ撮影などに適している。」

 

用途によって使い分けができそうです。
あらゆる場面で着ることを想定すると、余計に悩んでしまいます。

ジオラインとメリノウール、どちらがいいのか選びきれず、毎日着ようと思っていたので、1着ずつ購入してみました。
冬にインナーとして着ること、一番使う機会が多そうなので中厚手にしました。
店員さんによれば、厚手だと冬でも日常ではオーバースペックとのことでした。

    

スーパーメリノウールの方が少しだけ価格が高いです。

 

圧倒的人気【ジオライン】はやっぱりすごい

ジオラインの方が人気のようです。
モンベルが糸から独自で開発した高性能素材でできています。

店員さんの言うように「とにかく湿気を逃がし、乾きが早く、行動する時に適している」という意味では登山にはこちらの方が向いているのかもしれません。

機能は!

1. 保温性
生地の織り方で暖かい空気を保持(ボックス構造)
生地自体も繊維の隙間が多くて、暖かい空気を繊維間に保持してくれます(マイクロファイバー)
糸は、縮れを持たせた繊維の周りを極細糸で包み込んで、暖かい空気を抱え込み熱を保持する構造(ストレッチスパン糸)
繊維に特殊セラミックが織り込まれていて赤外線効果を発揮し、体を芯から温めてくれます。
あらゆるところで保温性を考えて作られています。
それなのに生地は薄いです。

2. 速乾性
行動と休憩を繰り返す登山は、汗をかいてすぐに冷えてしまうことで体が冷えます。外気ではなく汗が冷えることで体は冷えるんです。登山のインナーはその状況を想定して作られているので、汗を外に逃がします。
日常で着る時もこれはありがたい機能で、ベタつきを防いで常にサラサラな状態にしてくれます。
店員さん曰く、ジオラインの方が速乾性がメリノウールよりもあって、肘とかカサカサしやすい程とのこと。

3. ストレッチ性
縮れのある繊維を、極細のストレッチ性のある繊維で包み込んだストレッチパン糸でできている。糸が伸縮し、抜群のストレッチ性を確保。
肌に密着し、どんな動きにもついてきてくれるので、タイトでも動きに制限を感じません。

4. 臭いを抑える
独自に開発した繊維に銀イオンが織り込まれて、臭いの原因となる細菌を減少させます。
しかも半永久的に持続するようです。
連続で3日間ほど着ましたが、汗の匂いは鼻をつけて嗅いでもわからないくらいです。

5. 静電気が起こりにく
生地の縫い合わせ部分にカーボン繊維を使っていて、常に自然放電できるようになっています。

 

〜着た感想〜
僕は身長175cm、体重65kg、胸囲が広めの体型です。
Lサイズを購入しました。
丈や袖の長さはMサイズでも良かったのですが、胸囲があることでLサイズにしました。(普通体型ならMサイズでもいいと思います)
僕も登山をする前提だけならMサイズを購入したと思いますが、今回は日常でも寝る時も着たいので少しゆとりを。

形はそんなにバサバサしないように、ウエストが少しタイトになっています。
バサバサすると外気が入り込んで、せっかく保温している空気が出入りしてしまうからだと思います。

裾と袖口は二重になっていて丈夫そう。広がらず手首より下に落ちて着ません。
袖も裾も程良く、締め付けるわけでもなく、本当に微妙な加減でピタッとしています。外気が入らず、苦しくなく、邪魔にもなりません。
僕の体型に合っているのか、すごく形がいいです。

11月から家の中で重ね着をせずに過ごしていました。
着た瞬間はなんとなく暖かいかも?という感じ。
生活場面でも『すごい暖かい』という感じではないですが、『寒いなー』という感はしません。常に程よい状態を保っていました。
一番保温性を感じたのはスーパーに行った時です。骨折してからは車椅子に座っていて、野菜などを置いている場所は寒く感じていたのですが、ジオラインを着ていると寒さを感じませんでした。

運動していたわけではないですが、汗をかいてベタつきを感じることは一度もなかったです。全然蒸れません。生地自体もサラサラした感じの生地なのでいつもサラサラ感があります。
これに関してはすごいです!ぜひ山で活動する時に着てみたい!
洗ってもすぐに乾くので、洗うタイミングをうまくやれば1着で生活できるかもしれません。

生地はよく伸びて動きを妨げず、硬くも厚くもありません。
大きな動きでもつっぱりません。これもすごいです!どんなに大きく体を捻っても手をあげても、生地がつっぱって動きを妨げることはありません。
形と生地の伸縮性で本当に楽に着れます。寝る時も楽。

強いて言うなら、化学繊維の匂いのような雰囲気を僕はすこし感じました。

 

部屋着なら【スーパーメリノウール】

店員さん曰く「ある程度の湿度を中で保ってくれる。臭いはメリノウールの方がしない。メリノウールの方が暖かい」とのことでした。

1. 保温性
メリノウールは吸湿した水分で発熱する天然素材です。
スーパーメリノウールはどんな他の発熱繊維よりも発熱量があります。また繊維表面のスケールと呼ばれる組織が熱を包み込み、暖かさを持続してくれてるとのこと。激しい運動を行うと、発熱で暑すぎるくらいらしいです。
寒いところでじっとしている時にも暖かさを保てくれるので、保温性ではジオラインよりも上

2. 速乾性
ウールは湿気を吸収し外に出してくれます。でも必要以上に湿気を逃がすわけではなくて、ある程度保ってくれるとのこと。
速乾性ではジオラインの方が上。
でも、カサカサになりすぎないことは、乾燥肌の人や日常で着るときにはメリットになることも。

3. ストレッチ性
純粋に伸ばしてみると、ジオラインの方がゴムのようにビロンビロン伸びて、伸びる範囲も大きいです。伸びる最終域でもゆっくりと抵抗がかかって止まります。
スーパーメリノウールも伸縮性はあります。十分なくらい。ジオラインに比べるとですが、範囲が狭くて最終域でピタッと止まる感じです。
ですが、スーパーメリノウールは生地がすごくしなやかで柔らかい。日常生活で着ている感覚では、すごく優しく軽く動けるように感じます。

4. 臭いを抑える
ウールには天然の防臭効果があります。また、水溶性の汚れがつきにくいのも特徴です。

5. 静電気が起こりにくい
ジオライン同様に縫い目に自然放電するカーボン繊維を使用しており、静電気が起こりにくくなっています。

 

〜着た感想〜
まず最初の着た時に『暖かい』と感じました。ポカポカ体の芯から温まる感じがしました。それが印象的。
そしてウールなのに最初から僕はチクチクしなくて、着ていてもチクチクは感じません。

生地の質感は僕はメリノウールの方が優しくて好みです。
日常生活では蒸れることはありません。

形はジオラインとほとんど変わりないです。スーパーメリノウールの方が袖口が少し細いかなーというくらい。
ジオライン同様に袖も裾も広がらず、ウエストは少し絞ってあるので、家事をしていても邪魔になることはありません。

こちらも3日間連続で着ましたが、臭いは気になりませんでした。
化学繊維の臭いの雰囲気もなくて、すごくいいです。

 

ジオラインとメリノウールを比較した結果

どちらの方が良い!ということはないので、どんな時に適しているかを独断で比較してみます。

【スーパーメリノウール】が適していると感じたシーン
・日常生活 〜
  化繊の臭いがなく、肌触りが優しい。日常の動きなら生地の質感は柔らかく感じる。
・就寝時   生地が柔らかくて包まれた感じがいい。
・外出 〜  暖かく、湿度を一定に保ってくれるのでどんな気候でもいい感じ。

 

【ジオライン】が適していると感じたシーン
・登山や汗をかく運動
 
 
生地がサラサラ、速乾性がある。
・大きく体を動かすスポーツ  体を大きく動かしても生地が邪魔にならないストレッチ性。(スーパーメリノウールは大きく動かすと生地のストレッチ性が少し物足りなく感じた。)

 
 
 ちなみに僕はジオライン、メリノウール両方ともM.Wの中厚手を購入しました。
 

脛骨腓骨骨折をして1年、まだ寒い時期の登山には行っていない。
日常生活、普段着として着ている比較評価としては、僕は【スーパーメリノウール】の方が好みです。
でも山に行くとき、スポーツをするなら【ジオライン】を着てみたい。
というのが僕の感想です。

 

まとめ

1着か2着あると、寒さに対してのストレスはガラッと変わるでしょう。
それくらいインナーによって全然違います。
インナーを快適にすることでどれだけ変わるかを体感すると、おそらく手放せなくなると思います。
インナーに4000〜5000円?っていう人もいますが、着てみると納得するはずです。
特にモンベルは機能的です。ほかの登山メーカーに比べて安いので、試してみることをおすすめします。
『寒ければ上着を着る』と考えがちですが、『服の質』もぜひ工夫してみてください。

体幹部を冷やさなければわりと暖かくいられるので、半袖があっても便利かもしれません。
今後、登山に着て行って、アイベックスも含めて比べてみたいと思っています。

 

寒さ対策のズボンはモンベルのクリマプラス

下に履くズボンは何がいいのかも悩むところですが、モンベルのクリマプラスというフリースのズボンがすごくいいのでご紹介。

良いところ
● 暖かい

● 動きやすい

● 裾が詰まっているので踏んづけにくい

● 家の中で着れて、そのままスキーウェアーを着てゲレンデにも行ける(寒い時ゲレンデならとてもいいです。冬山登山だと暑すぎるかも)

● 蒸れない(寝ているときにズボンの中は蒸れていなかったのに、ズボンの表面に水滴がついていて驚いたことがあります)

インナーとともに寒がりな方にはおすすめです!