体は食べ物で作られています

入院に必要なもの 【必需品と便利だったものまとめ】

入院に必要なもの

今回は入院生活で必要だったものと、あると便利だったものについてご紹介です。
短い期間であれば、荷物はそれほど多くは必要ないように思います。
長い入院期間であれば、ひまつぶしできるものも必要かもしれません。

病院から聞いた必要なもの

  • 印鑑
  • 服用中、外用中のお薬
  • 洗面道具
  • タオル(入浴用、洗面用)
  • ティッシュペーパー
  • 下着
  • 病衣(レンタルでも可)
  • 運動靴(入院中のスリッパは禁止)
  • プラスチック製のコップ・ストロー
  • イヤホン(長めのもの)

これが入院に最低限必要なものとのことでした。

入院中に必要だったもの

食事

  • コップ:プラスチックなど割れないもの。紙コップでも良い。起き上がれないときはストローが付いていた方が便利
  • はし、スプーン、フォーク:病院で準備されていることもある
  • ふりかけなど:割り合い的にご飯が多いこともある

食事の際に使うコップは紙コップでも良いです。腰や足の手術をして気軽に動けないような状況ではストローがついたものが便利。
はしやスプーンは病院で準備されていることが多いので、事前に確認しておきましょう。

 

日常生活

  • ティッシュペーパー
  • 着替え、下着
  • パジャマ:レンタルもあり
  • 羽織りもの:季節によって
  • 筆記用具:書類にサインすることがある
  • クリアファイル:書類をもらうことが多い
  • イヤホン:テレビとの距離を考えると2〜3m必要。延長コードがあると便利
  • スマートホン、携帯電話と充電器
  • 運動靴:スリッパは歩きにくい。履きやすい運動靴か、クロックスなどの脱げないサンダルが良い
  • 小銭入れと現金:カードなどは持たない方が良いと思う。盗難注意。
  • ポーチor肩かけ:車いすや松葉杖では必須。移動の際にものを入れる

パジャマは1日ごとにレンタル料金はかかりますが、それほど高くはないはずです。洗濯や持ち物の量を考えるとレンタルする方が便利なことが多いはず。
もらう書類は意外に多いので、クリアファイルは必要だと思います。
イヤホンは長さが必要なので注意。音質が良いイヤホンだと普段と違うテレビの楽しみ方もできます。

スリッパは歩きにくいのでやめた方が良いです。すごく履きやすい運動靴か、歩きやすいサンダル(クロックスやキーンのサンダルなど)がオススメです。

車いすや松葉杖を使うときは、肩かけかポーチが便利です。
それかポケットがついた羽織れるものがあると便利だと思います。
入院中は小銭入れや洗面道具、歯ブラシなどを入れて持ち歩くことがあるので。

洗面、歯磨き

  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • コップ:紙コップは不可。割れなくてプラスチックなど少し重さのあるものが便利。歯ブラシを立てておける
  • 洗顔フォーム
  • フェイスタオル

コップは食事の時とは使用目的が違います。歯ブラシなどを入れても倒れない安定したものにしましょう。なおかつ割れにくいもの。

入浴

  • シャンプー、リンス、ボディーソープ、石鹸:病院に準備されていることもある
  • ビニール袋orナイロン袋:シャンプーなどを持ち歩くときに浴室の中まで持っていける
  • バスタオル、洗身タオル

ビニール袋、ナイロン袋はシャンプーなどを入れて持ち運ぶために使えます。浴室の中まで持ち運ぶことを考えましょう。入浴に必要なものは数が多いので、まとめて入れられて濡れても平気な袋にしましょう。

あると便利だったもの
  • ハンガー、洗濯ばさみ
  • パソコンとwi-fi
  • コンセントタップ:病室によってはプラグが一つしかない場合もある
  • 綿棒
  • つめ切り
  • 本などの読み物
  • 夜、人に迷惑をかけない程度のライト:就寝後も本などを読めたり、行動しやすいように

手続き上持っていくもの

  • 保険証 そのほかの医療受給者証
  • 高額療養費限度額認定証