体は食べ物で作られています

脛骨腓骨骨折体験談22 【骨折後14ヶ月目】足の傷とランニング

骨折後の14ヶ月目の状態

骨折から14ヶ月がたちます。

現在は日常生活は普通に過ごせています。
足の支えが骨折前よりもなんとなく弱くなった気がしますが、登山、軽いスケートボードはできています。
抜釘手術の前にスノーボードもできるか試してみたいところです。

足の傷口はあらためて見てみるとこんな感じ。

スネの傷と、内くるぶしの傷が全然違います。
スネの傷はあまり目立ちません。白くなっていてきれいです。
内くるぶしの傷は赤くて太さもあります。出っぱっているので、ぶつかったり、内側からの圧が強いんだと思います。
(抜糸したすぐ後に、傷を止めておくテープを貼れば良かったです)

ちなみにスネの上の方にボコッとしたところはプレートです。
内くるぶしまでプレートが入っています。

骨折から1年2ヶ月経過して、現在していることと身体の状態、そして抜釘手術の準備について考えたいと思います。

 

骨折から14ヶ月 痛みをこらえてランニングをしていた

体の状態も普通の生活では何も不便を感じないです。

最近意識的にしていることはランニング。
骨折してちょうど一年目(2ヶ月ほど前)から、痛みがあっても多少我慢して運動しようと決めて、痛くても走ってみました。
それから少しずつ走りやすくなってきて、距離も長く走れるようになってきました。(痛くても先生が「走っていい」と言えば走る練習はした方がいいのかもしれません。慎重にしすぎていたのかも)

ランニングはどちらかといえば好きではなくて、今まではしたことがないのですが、徐々に走れるようになっていく感覚、進歩している感覚が今はいい感じ。
右足も左足もだいたい同じテンポで走れるようになりました。

ランニングをしていて気がついたことは、痛みの他にプレートの硬さを感じるということです。プレートは若干重たくて硬いです。
よく「あえて抜かなくてもいいんじゃないか」と言われるのですが、抜けるのなら抜いた方がいいです。なんか自然な感じがしないので…。

それと、意外なことにスケートボードをしても痛みを感じないのに、走ると痛みを感じます。
いろいろな人に聞くのですが、脛骨腓骨骨折の手術後は『全力で走る』というのが結構難しいようです。できるようになりにくいみたい。

階段を小走りで登るときは足が痛くないのに、なぜか平地でのランニングでは痛みを感じるんですよね。

骨折後走るために効果的な運動

そこで最近実施している運動があります。
背屈位から踵を浮かせるということです。

運動していて気がついたのが、
①つま先立ちはできるのに、90度以上角度をつけると力が入りにくいこと。
②力を入れる運動よりも支えが弱いということ。
そこで、ふくらはぎの腓腹筋、ヒラメ筋よりも深部にある、後脛骨筋を鍛えることにしました。

後脛骨筋は地面に踵を接地するとき、まず最初に働く足部の底屈筋です。そして骨のすぐ後ろについているインナーマッスル。骨に近い深部の筋肉なので、骨折の時の影響をだいぶ受けてそう。
固さを感じるので、意識をして鍛えることにしました。

痛みは局所的な刺す痛みから→全体的にボワッとした鈍痛に変わってきました。
骨には痛みを感じる感覚器官がないので、骨膜や周辺の筋膜の固さや緊張が痛みを感じ取っているはず。
しばらくそれを意識して練習していきます。
今のところいい感じです。走りやすくなっています。

 

インソールは必須

ランニングシューズの中にはインソールを入れているのですが、多少なりとも『足部のアライメントが変わっている』『足のアーチが変わった感じを受ける』ならインソールをお勧めします。
ランニングしていて疲れてくると足部のアーチがつぶれてきたり、下腿の支えが心許なかったり、膝が内側に入ったりしているかもしれません。
自分ではコントロールできないので、インソールの補助で、足部を正しい位置に補正するのは足の負担軽減に良いと思います。
少なくとも僕は役立っています。

足部の骨折なら『インソール』『高機能タイツ』でのサポートを考えてもいいと思います。

ちなみに数種類のインソールを試した結果、
○ランニング →  バネインソール(ランニングシューズに
○ウォーキング、日常生活 →  バネインソール
○スケートボード →  スーパーフィート(グラビスのスニーカー)
○登山 →  スーパーフィート(キーンの登山靴)
にしています。

意外だったのはスケートボードでスーパーフィートが良かったこと(靴にもよると思いますが)
踵がしっかりとホールドされて、安定感があっていいです。

登山靴はスーパーフィート一択。それ以外は考えられません。土踏まずのサポートが強力で下山のとき足が前へ、ずれません。

バネインソールが一番バランスが取れていて、オールマイティーに使えています。

結果
痛みがあってもドクターが走っても大丈夫というなら練習してみると良い。
その際、インソール、靴はきちんと選定することで足にかかる負担を軽減して、アライメントも整えてくれる。

 

入院の準備

そろそろ手術、入院生活に向けて準備を始めていこうと思っていて、まとめてみました。

本当は11月28日(手術は前年度の10月4日)に抜釘手術を受けるため入院することになっていました。
でも、予定が入ってしまって延期することにしました。
病院へ連絡したとき、「変更なんてできるのかな?」と思っていたのですが、外来の看護師さんが電話に出て「調整してご連絡します。何時頃が良いですか?」と、快く対応してくれました。

入院までの間、どうやって体を整えておこうか考えてます。

そして、今回は急な入院ではないので、準備ができます。
どうせなら入院生活を快適に楽しみたいところ。

そこで、今考えていることは、
①パソコンを持って行く(インターネットを使用できるように準備)
②読みたい本を探す
③テレビを楽しむためのイヤホン
④ポーチの準備
⑤靴下とサンダル選び

 

パソコンを持っていく(インターネットを使用できるように準備)

今回は入院中にもいろいろ作業やインターネットができるように、パソコンを持って行きたいと思います。
スマートホンでデザリング機能を準備します。

読みたい本を探す

普段あまり読む暇がないので、ストーリーのあるような本を読んでみたいです。1年前の入院で本を友達からもらったのがすごく楽しかったので準備。

テレビを楽しむためのイヤホン

入院中は普段あまり見ないテレビを見たいと思います。特に年末なので何かやっているかもしれないですし。イヤホンは延長するためのコードがあるようなので準備します。

ポーチの準備

おそらく今回は松葉杖を使わないと思いますが、ポーチは前回楽だったので持って行きます。肩にクロスしてかけれるやつ。

靴下とサンダル選び

サンダルはキーンのyoguiを持って行くとして、今回は靴下を選んで持って行きたいと思います。内果の傷口へ干渉がなるべくないように、くるぶしが出る靴下を準備。
その後のことも考えて傷口をおさえるテープを準備します。今回は抜糸後からすぐに貼れるように。

まとめ

抜釘手術まであと1ヶ月ほどあります。
手術前にできる準備を『もの』と『体』両方で整えて行きたいと思います。

抜釘前にスノーボードも滑れるのか試してみたいと思います。

 

つづき →  脛骨腓骨骨折体験談23 〜【スポーツ復帰】抜釘手術前にスノーボードはできるか?〜