過去記事を見直し、少しずつの進み方ですが、見やすくなるよう更新中です。骨折関連記事の半分ほど更新済みです

骨折体験談17-2・傷跡がケロイド化して装具をやめた

傷跡がケロイド化したので装具をやめました
(エバーステップをやめた)

脛骨腓骨骨折から、およそ6〜7ヶ月経過。

外出の時、仕事の時に使っていた装具、エバーステップを卒業しました。

仕事が忙しく、リハビリに通えなくなったので、電話をして担当セラピストに相談。
「もういいでしょう!」とのことなので、外しました。

「全く問題なく」と言いたいところなのですが、長く歩くとプレートの入っているスネの部分に痛みを感じます。

装具を外したことで、足首を使って歩けるようになっているので、最初は動きの変化があるし、仕方ないかなと思っています。

あと、時々、内くるぶしの傷に『バリッ』という刺激を感じます。(一瞬痛い)
動いている時、何もしていない時とか関係なく、不意にやってきます。

ケロイド化してしまった傷跡。
後悔しても仕方ありませんが、装具を長くつけすぎたと思います。

これから、装具をやめて皮膚への刺激は減ると思いますし、アトレスケアというテープを始めたので、傷口が今後きれいになっていくことに期待します。

 

『アトレスケア』という傷跡専用のテープ

傷跡をきれいにできるかもしれないアイテムを発見!

こんなものがあるなんて!
知りませんでした。

月末に早速購入して試しています。(手術から7ヶ月近く経過してから)

今回の手術でできた傷は3箇所あるのですが、内くるぶしとスネの部分の傷の状態が明らかに違っています。
内くるぶしの傷が赤くボコっとして、目立っています。(肥厚性瘢痕となっています)

もう少し早く見つけて、試せればよかったなーと思っていますが、それは仕方がない。。

このテープはとても快適に使えていています。
お風呂に入っても1週間くらい全然剥がれないですし、透明で目立ちません。

今後結果はどうなるか?

詳しくはこちら